稲盛和夫の名言を学ぶ

稲盛和夫の名言を学ぶ

会社設立 鹿児島県

開業して間もないころや事業規模の小さいうちは、経理業務を経営者自らが行うことも可能かもしれません。

しかしながら、ある程度の規模になり営業活動に追われたり、取引が複雑化して経理が難しくなってきたりすると、経営者が経理業務まで行うことは実務的に困難で、経理業務を分担する必要性が生じます。

でも人を雇うほどの資金的余裕はない・・・・・・。

そのような場合に利用できる税理士のサービスが「記帳代行」です。

お忙しい経営者の皆様のお手伝いを、堀ノ内康丈税理士事務所にご依頼ください。

2006年5月にスタートした、起業を簡単にする法律で、有限会社の廃止や、資本金1円からの会社設立、取締役が1人でよい、M&Aが柔軟になる、などの特徴があります。

設立費用は、合同会社の方がお得ですが、合同会社は新会社法から始まったばかりなので、知名度は株式会社より低いです。

株式会社は原則的にいくら出資したかによって発言権が強くなり、利益配分も変わってきます。

しかし、合同会社は出資額にかかわらず、その貢献度などによって利益配分を自由に決めることができます。

以下に会社設立の一例を挙げますので、御覧ください。

Source: http://www.kaisha-mystyle.jp/kagoshima/kagoshima.html



動画を見ます 会社設立 鹿児島県

稲盛和夫の名言を学ぶ

詳細について 会社設立 鹿児島県

鹿児島市で会社設立ならおまかせください。

当サイトをご覧の鹿児島市の皆様、「おのざと行政書士事務所」の小野里 孝史と申します。 本日は、「会社設立マイスタイル」をお読み頂きまして、誠にありがとうございます。

鹿児島県の県庁所在地である鹿児島市の現在の人口は約60万人で、 福岡市、北九州市、熊本市に次ぐ九州地方第4位の人口を誇っています。

鹿児島市は、鹿児島県の政治、経済、文化、交通の中心として発展しています。

鹿児島市の産業としては、小売業、サービス業などが主力となっていて、天文館地区などが起業する方に人気です。

鹿児島市の産業別就業者割合(平成26年データ)は、 農業・畜産業・水産業等の第1次産業就業者が約2% 製造業・工業・建設業等の第2次産業就業者が約17% 観光産業・小売業等の第3次産業就業者が約81% となっていて、独立起業される方の業種も小売業、サービス業などが多いです。

法人登記申請する際の鹿児島市を管轄する法務局(登記所)は、鹿児島地方法務局・本局になります。 公証役場は、鹿児島県内に鹿児島公証人合同役場、川内公証人役場、 鹿屋公証人役場、名瀬公証人役場の4箇所あります。

法人の設立や起業をご検討中の方で、 「株式会社を登記しようと思っている」 「鹿児島市で合同会社で起業しようと思っている」 「LLP(有限責任事業組合)を設立したい」 などの方は、どうぞ当事務所にお気軽にご相談下さい。

日本全国で会社設立代行の実績がある当事務所が、あなたの大切な起業のスタートをお手伝いさせていただきます。 当事務所は全国対応(料金ももちろん全国一律です)ですので、鹿児島市の方もどうぞご安心してご相談・ご依頼下さい!

Source: http://www.horinouchi-tax.jp/pc/contents23.html

離婚したい