会社設立 福岡県

会社設立 福岡県

会社設立 福岡県

記帳代行込みで、年間200,000円~。

え、高いんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、

ご契約いただいているお客様からは、

本業に集中できるので、結果として安くついたと

①全く新しく事業を始める方  年間 200,000円~

②法人成りされる方 年間 250,000円~ (売上・資本金による)

「福岡会社設立相談センター」のホームページへようこそ。私は代表の三宮紀彦(サンノミヤ ノリヒコ)と申します。

当事務所では、地元・福岡市博多区を   中心に、北九州市、直方市、 太宰府市、久留米市、春日市など福岡県内近隣地域で、起業・創業をご検討中の皆様のスタートアップをサポートさせていただいております。

経済産業省の認定経営革新等支援機関として、単に、会社設立登記などの手続き業務を代行するだけでなく、創業時の補助金や助成金、融資の活用を積極的に支援いたします。公認会計士として、経営計画の策定など、より会社経営に踏み込んだアドバイスが可能です。

将来を見据え、会社の基盤を構築し、成長を持続できる会社作りを目指す経営者の方には、よきパートナーとして、きっとお役に立てることと思います。

これまでの経験が、御社の発展に少しでも後見できれば幸いです。

弁護士や中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士と提携していますので、会社経営に関するお悩み事にワンストップで対応することが出来ます。会社設立時は様々なお悩み事がありますよね。

福岡の専門家が設立時のお悩み事に素早く対応いたします!

また、個人事業主として経営されている方の、法人成りのお手伝いもさせていただいております。国民健康保険や国民年金の支払いを考えると、法人にした方が結果としてアウトフローが減る場合があります。税金だけでなく、意外とインパクトの大きい年金や健康保険について合わせて考慮することが大切と思われます。

納得の価格提示ができる個人事務所です!

税務顧問契約をセットにすることにより、

会社設立手数料を無料とすることが可能です。

~会社設立に当たって親身に対応します~

個人事業で経営者として商売をしていたことがあります。

たこ焼き屋を経営していました。関西風のおいしいたこ焼き!

当時はめんたいワイドや地元紙で              取り上げていただいたりもしました。

それなりに繁盛店だったんですよ~。

Source: http://www.kaishasetsuritsu-fukuoka.jp/joseikin.html



動画を見ます 会社設立 福岡県

すえまつ興産株式会社 設立60周年記念PV

詳細について 会社設立 福岡県

会社設立時の助成金申請

会社設立時の主な助成金には、下記の3つがあります。

  ・受給資格者創業支援助成金  ・地方再生中小企業創業助成金  ・地域雇用開発能力助成金

法令上、これらの助成金の申請は、行政書士が業務として行うことはできませんので、お客様ご自身で行っていただくか、又は、社会保険労務士を紹介させていただくことになります。また、内容についての詳しいお問い合わせは、福岡助成金センター(TEL:092-411-4701)にお願いいたします。

会社設立時の助成金の中には、会社設立前に、一定の手続きをしないと助成金がもらえなくなる場合がありますので、ご注意ください。 なお、これらの全ての助成金について、法定三帳簿(労働者名簿・出勤簿・賃金台帳)を整備・保管していることが要件となります。

雇用保険受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に継続して雇用する労働者を雇い入れ、雇用保険の適用事業主となった場合には、当該事業主に対して創業に要した費用の一部が助成されます。 なお、受給資格者創業助成金を受給する場合、基本手当は支給されないこととなります。

(1) 主な要件

・雇用保険加入期間(正確には「算定基礎機関」)が5年以上であること

・雇用保険の受給資格者であること(※)

・会社を設立する前日までに「法人等設立事前届」を申請者の住所(創業予定地ではない)を管轄するハローワーク又は福岡助成金センターに提出していること(2※)

・法人を設立する日の前日において、受給資格者に係る基本手当の支給残日数が1日以上であること

・会社の設立後1年以内に雇用保険の一般被保険者となる労働者(助成金受給後も継続して相当期間雇用する者)を雇入れ、雇用保険適用事業の事業主となること。

(※)したがって、雇用保険受給資格決定時点において、すでに自営の準備に着手しており就職する意思がない場合には、受給資格者の認定を受けることはできませんのでこの助成金を受けることはできません。

(2※)法人等設立事前届を提出した場合、「自営の準備に専念する」とみなされ、基本手当は打ち切られます。

(2) 助成額

会社設立・運営に要した費用の3分の1(上限150万円)

※創業後1年以内に雇用保険の一般被保険者を2名以上雇い入れた場合は、さらに50万円の上乗せが支給されます。 法人等設立事前届の提出後に契約し、会社設立から3ヶ月以内に契約が履行されたもののうち、第1回の支給申請までに支払いが完了しているものに限ります。

福岡県で、この助成金を受け取ることのできる業種は、①情報サービス業、②洗濯・理容・美容・浴場業、③社会保険・社会福祉・介護事業に限定されます。 なお、「情報サービス業」とは、情報の処理、提供などのサービスを行う事業のことで、電子計算機のプログラムの作成を行う事業所、委託により電子計算機等を用いて情報の処理を行う事業所及び情報を収集・加工・蓄積し、顧客の求めに応じて提供する事業所のことをいいます。

(1) 主な要件

・会社設立日から6ヶ月以内に地域再生事業計画を提出し、認定を受けること

・労働者2人以上を支給申請時に雇用し、雇用保険適用事業主となること

・雇入れ当初から雇用保険被保険者であって1週間の所定労働時間が30時間以上であること

・会社設立日から1年以内に雇用した雇用保険被保険者であること

・親会社、子会社または関連会社とほぼ同等の関係にある事業主間の雇入れでないこと

・縁故採用ではなく、一般公募等の通常の採用手続きを経ていること

・会社設立から支給申請までの間に、解雇など事業主都合で雇用保険被保険者を離職させていないこと

(1) 支給額

会社設立・運営に要した費用の3分の1

(上限150万円。ただし、対象労働者が5人以上であれば250万円)

福岡県の北九州市・福岡市以外の地域において、工場や事務所の新設、増設や機械設備の購入を行い、それに伴い新たに従業員を雇入れる場合、設置整備に要した費用の一部が助成されます。 詳細は、下記のページをご参照ください。

  地域開発雇用助成金について

Source: http://www.fuku-start.com/

別れさせ屋 熊本県