株式会社設立 電子定款 商号

株式会社設立 電子定款 商号

会社 設立 電子 定款

株式会社設立 電子定款 商号

詳細について 会社 設立 電子 定款



あなたは今、初めての会社設立にあたり、電子定款認証とは何なのか、その手順ややり方について迷われていることと思います。

そもそも皆さんにとって“電子定款”そのものがあまりなじみのないものと思います。

電子定款とは、会社設立の際に必ず必要な「定款」に「電子署名」を付与したものをいいます。 それを公証役場に行って、正しい手続きで作成したことを公証人に証明してもらうことを「認証」と言い、この一連の流れを「電子定款認証」と言います。

電子定款認証は、必要な手順さえ踏めば誰にでも行うことは可能です。 ここでは、電子定款認証を行うにあたり必要な知識とその手順をご説明します。 ぜひ、会社設立の際にお役立てください。

もくじ

1.  電子定款認証手続きの流れ 2.  電子定款の作成方法 3.  定款の電子公証申請(法務省:登記・供託オンライン申請システム) 3-1. 申請者情報の登録 3-2. 申請用総合ソフトのダウンロード 3-3. 申請用総合ソフトから電子定款を送信する 4.  公証役場で定款の電子認証 5.  定款認証が完了したら次は会社設立登記へ

1. 電子定款認証手続きの流れ

まずは、電子定款の認証手続きの流れを簡単にご説明します。 詳しくは、後述しますのでお読みください。

電子定款認証のご説明の前に、電子定款の作成方法よくわからない場合は、「初めての電子定款作成に必要な知識と機材とその手順」をご覧ください。

3. 定款の電子公証申請(法務省:登記・供託オンライン申請システム)

作成した電子定款は、法務省の「登記・供託オンライン申請システム」を使って公証役場に送信します。 「登記・供託オンライン申請システム」のサイトにアクセスしてから次をお読みください。

3-1. 申請者情報の登録

まずは、「登記・供託オンライン申請システム」の申請者情報の登録をします。

動作環境 Microsoft Windows Vista(32bit版) Microsoft Windows 7(32bit版及び64bit版) Microsoft Windows 8(32bit版及び64bit版) Microsoft Windows 8.1(32bit版及び64bit版) ブラウザ Microsoft Internet Explorer 7,8,9,10,11(推奨)

※申請者IDは自分で自由に設定できます。ただし、他に使用者のいないものに限ります。

3-2. 申請用総合ソフトのダウンロード

申請者情報の登録が終わったら、次に先ほどと同じページから「申請用総合ソフト」をダウンロードしてインストールします。

3-3. 申請用総合ソフトから電子定款を送信する

インストールした申請用総合ソフトを使って、電子定款を送信します。

電子定款の送信手順 申請用総合ソフトを立ち上げる 「申請書の作成を行う」を選択 「申請書様式一覧選択」から「電子公証」を選択 「電磁的記録の嘱託」を選択 「件名」を入

Source: http://subaru-juku.com/notarizedelectronic-articles-of-association-520



平成14年度から、従来の紙ベースの定款だけではなく、電子文書による定款も認証が認められるようにしました。 この電子文書によって作成された定款のことを、電子定款と呼んでいます。

従来の紙で作成した定款には、4万円分の印紙を貼付する必要があるのですが、この電子定款の場合は、「紙でないので印紙を貼る必要がない」とされているのです。

ご注意!あなたの定款、脱税していませんか?

合同会社の設立手続きは、株式会社の設立手続きと違って、公証役場で定款の認証を受ける必要がありません。

株式会社設立の場合には、この公証役場での定款認証の際に、紙の定款の場合には4万円分の印紙を貼っていなければ認証されません。定款認証されなければ、当然会社設立手続きは完了できません。従って、株式会社を設立される方は、4万円の印紙代を節約したいと思うと、必ず電子定款を作成する必要があるのです。

一方で、合同会社の場合、公証役場での定款認証は不要です。仮に、専門家にも依頼せず、自分自身で紙の定款を作成しても、公証役場での認証は必要なく、更には、法務局に登記申請をしても印紙の件は何も言われないので、普通に合同会社設立手続きが完了してしまいます。

しかし、印紙税法上、4万円の印紙貼付が免除されるのは、合同会社の定款を電子データで作成した電子定款の場合のみです。

従って、紙ベースの定款を作成しているのであれば、仮に合同会社設立手続きが完了するとしても、4万円の印紙を貼らなければならないわけです。

では、紙ベースの定款であるにもかかわらず、4万円の印紙を貼っていない場合どうなるのでしょうか?

言うまでもなく脱税は法令違反ですし、その場合、本来の印紙税4万円に加え、過怠税で8万円かかりますので、合計12万円を納めることになってしまいます。(本来の税額の更に2倍が罰則として課税されます。)

そのようなことにならない為にも定款はきちんと電子定款で作っておくよう注意しましょう。

Source: http://www.goudou-kaisha.com/llc/13

別れさせ屋