江東区会社設立の格安行政書士!電子定款△4万円!無料で税務署届出!

江東区会社設立の格安行政書士!電子定款△4万円!無料で税務署届出!

会社 設立 電子 定款

合同会社(LLC)設立をお考えの方へ、3つのご提案です

【アピールポイント①】 会社設立の実費40,000円を削減できます 本サービスをお申込みされますと、 設立時の定款を電子定款として作成しますので、 従来の紙ベースの定款と異なり定款原本への収入印紙4万円の貼付が不要になります。 したがいまして、ご本人で手続きされるのと比して、 収入印紙4万円の実費を削減することができます。 【アピールポイント②】 任せて安心の会社設立完全代行です ご依頼者にお願いしなければならない最小限のことを除き、 お手を煩わせることのない会社設立完全代行となっています。 面談・書類押印等お会いする際も、こちらから訪問させていただきます。 商号調査、電子定款作成、司法書士との連携、 登記完了後の登記事項証明書・印鑑証明書・印鑑カード取得、すべて当方が責任もって行います。 【アピールポイント③】 特典適用があります     特典その1 登記完了後の登記事項証明書1通と印鑑証明書1通を進呈(※1)  特典その2 管轄官公署の所在地マップ進呈(※2)  特典その3 会社設立後の法務相談無料(TEL/E-mail)   特典その4 税理士無料紹介(ご希望者のみ)   ※1 相当額の現金・印紙等でのお渡しはできかねますのでご了承ください。   ※2 税務署・府(県)税事務所・市役所・労働基準監督署・ハローワーク・社会保険事務所

報酬額表

収入印紙4万円の実費と、 特典適用により登記印紙代1,050円を削減できます。 ご依頼いただくことにより代行報酬額54,000円が発生しますが、 最終的な費用合計は、実質12,950円の差にとどまります

この報酬額表の適用地域を大阪府 奈良県 京都府 兵庫県 滋賀県とします。 ご依頼内容によっては報酬額の加算額が生じることがありますので、 詳細確認の上お見積りします。

ご依頼者にお願いしなければならない最小限のこと

お申込み後、ご依頼者にお願いすることは次の①~⑤です。 ①合同会社設立基本事項記入フォームのご記入 フォーム(合同会社/PDF) 上記掲載のPDFファイルをご自由にダウンロードの上、ご記入ください。 (EXCELファイルをご希望の方は、その旨をご連絡ください) ②印鑑登録証明書の取得 ③新規設立会社の印鑑作成 ④出資金の払込み ⑤書類への押印

作成書類ならびに納品についてこのような書類を作成します(作成書類は事案によって異なります)納品するもの

これからの重要書類をまとめて保管できるよう、収容力のあるファイルに整理して納品します。

納品時には収納部分の半分ほどを使用しています。 後々の重要書類等を収めるスペースが充分あります。 (写真では「株式会社」となっていますが、合同会社設立納品ファイルも同じものを使用しています)

お申込みについて

お申込み TEL・お問い合わせフォームによりお申込みください。 お問い合わせフォームの場合=お問い合わせ種別:依頼したいを選択。 お問い合わせ内容:面談ご希望の日時を2~3つご記入の上、お知らせください。      お申込み受付完了 お問い合わせフォームの場合、自動返信メールが届きますのでご確認ください。      面談日設定のご連絡 TELの場合、受付時の電話にて日時を設定します。 お問い合わせフォームの場合、お知らせいただいた日時で日程調整し、 ご指定メールアドレス宛に日時のご連絡しますのでご確認ください。      ご面談日当日 ご面談には時間の制限を設けておりません、しっかり耳を傾けます。      入金確認 報酬額及び実費のお支払いにつきましては前金制としています。 ご入金の確認をもって業務着手としています。

よくあるご質問Q.登記申請日までの所要日数はどれくらいですか?

先ず、登記申請日=会社成立の年月日となります。 土曜日・日曜日・国民の祝日等の休日・年末年始期間は法務局の業務取扱がないので、 土曜日・日曜日・国民の祝日等の休日・年末年始期間を 登記申請日=会社成立の年月日とすることができません。 さて、登記申請日までの所要日数ですが、 株式会社の定款と異なり公証役場での定款認証は不要のため工程を少なくできます。 面談申込みから登記申請まで4日が最短の事例です。 しかしながら、ご依頼者の準備状況・事業計画等によるところがありますので、 面談申込み~登記申請の所要日数は標準7~10日程度とお考えください。 登記完了は登記申請日の約1週間後です、引き続いて納品となり本サービス完了となります。

Q.面談場所はどこになりますか?

お仕事の都合で所在地を離れることができない場合はこちらから訪問します。 そういった場合でも、出張費・交通費等の費用を請求することはありません。

Q.会社設立後にどのような届出が必要となりますか?

詳しくは下記ページにてご案内しています。 税務届出  労働保険・社会保険の手続き 税務届出、労働保険・社会保険の手続きは本サービスの対象外となっています。 ご依頼者の希望があれば、提携する税理士・社会保険労務士を当方が入口としてご案内します。

Source: http://www.1-kigyou.com/eleart.html



動画を見ます 会社 設立 電子 定款

江東区会社設立の格安行政書士!電子定款△4万円!無料で税務署届出!

詳細について 会社 設立 電子 定款

会社設立手続きの中で、一番費用と手間がかかるのがこの定款の作成と認証の手続きなのです。

しかし、これまでの紙ベースの定款だけではなく、平成14年度からは電子文書による定款も認証が認められ、かなり多くの電子文書による定款(電子定款)の認証がされています。

しかも、この電子定款による認証の場合は、紙でないため、印紙を貼る必要がないのです。

ようするに、電子定款による認証手続きをする場合には印紙代の4万円がいらなくなります。

定款認証にかかる費用を以下に比較します。

定款の認証には思いのほか費用がかかります。ご自身でお手続きをすると通常約9万2千円必要になります。

ところが、電子定款認証サービスを行うことにより上記のように費用を節約できるのです。

電子定款認証サービスを利用することで手間と費用を削減する事ができます!

当然専門家の報酬は必要になりますが、それでもご自身で通常の定款認証手続きをするよりもお得であることがお分かり頂けると思います。

ご自身で電子定款認証手続きをしようとすると、システム導入だけでも数万円かかりますし、煩雑な導入手続きが必要になりますので、手間もかかり、現実的ではないと思います。

参考までに当法人のサポートプランとその内容・報酬額については、以下のサイトをご覧くださいませ。手数料わずか9,800円で、電子定款作成の代行をいたします。公証役場とのやり取り等も全て当方にて行います。 → 電子定款認証代行.com

Source: http://www.kigyou-compass.jp/guide/743.html

別れさせ屋