会社 設立 自分 で

会社 設立 自分 で

会社 設立 自分 で

株式会社は法人として社会に対して大きな責任を持つことになります。そのため、会社の設立登記の前には沢山の書類が必要です。

そのため、細心の注意を払って書類を用意するようにしましょう。

当ページでは、一般的な会社設立方法である「発起設立」で会社登記をするために、何の書類が必要で、どのように用意すれば良いのかをご説明します。

※会社の設立には「発起設立」と「募集設立」がありますが、世の中の会社のほとんどは発起設立です。

また、当ページの内容は、下図のように、会社設立の流れの中の「登記書類作成」のステップに該当します。

もし、設立項目決定から定款認証までのステップを終えていない方は、先にそちらからチェックするようにしましょう。それでは、会社設立登記に必要な書類と、それらの書類の作成方法をご紹介します。

目次をクリックすると各項目にジャンプします

1.会社設立登記申請に必要な書類のリスト 2.払込みを証する書面     2.1 資本金の払込み     2.2 資本金の払込証明書を作る     2.3 資本金の払込証明書を製本する 3.発起人の決定書 4.設立時役員の就任承諾書 5.取締役全員の印鑑証明書 6.株式会社設立登記申請書 7.登録免許税の収入印紙を貼付したA4用紙 8.登記すべき事項を保存したCD-R又はFD 9.印鑑届出書 10.書類を綴じる

1.会社設立登記申請に必要な書類のリスト

早速ですが、以下が発起設立で会社設立の登記申請をする際に必要な書類のリストです。

備考もしっかりと読んで、あなたの会社にとって必要な書類を確認しましょう。また、それぞれの書類に署名や捺印が必要な人や、押印する印鑑が異なりますので、そちらも間違いがないようにチェックしておいて下さい。

また、会社の登記申請をする前に、定款の作成と認証を終えている必要があります。もし、まだそれらの行程を終えていない場合は、『定款作成法~19の空欄を埋めるだけの雛形と抑えておくべき8つの注意事項~』と『定款認証の手続きを初めてでもスムーズに終わらせるための5つの手順』を参考にしてください。

それでは、必要書類を用意する方法を以下の順番でご説明していきます。

2.払込みを証する書面

払込みを証する書面とは、定款に記載されている資本金が、発起人から口座に振り込まれていることを証明する書面です。以下の順番で用意していきましょう。

2.1 資本金の払込を行う

まずは、各発起人にATMや銀行窓口から出資金を払い込んでもらいましょう。会社の銀行口座は登記完了後でなければ作成できないため、出資金は『代表取締役となる人個人の預金通帳』に振り込みます。

振込の際の注意点は以下の通りです。

①資本金の払込は定款の認証後に行うこと ②代表個人の通帳残高をいったんゼロにする(口座新規開設でも構いません。) ③振込金額と氏名が分かるように各発起人が個人名で出資金を振り込む。

振込後の通帳画面が、以下の画像のようになるようにしましょう。

2.2 払込証明書を作る

資本金の払込が終わったら、次に登記所に提出する証明書を作成します。まずは下記リンクよりひな形をダウンロードしてください。

→ 資本金の払込証明書ひな形Word

ダウンロードが完了したら、以下の画像を参考に書き込んでいきましょう。

また、この払込証明書には、さきほどの通帳のコピーを添付する必要があります。コピーを取る必要があるのは下記の3つです。

•通帳の表紙 •裏表紙 •通帳の明細(払込の記録が印字されているページ)

これらをA4の縦サイズで一枚ずつコピーをとります。下記の画像を参考にしてください。

※この画像では、コピー用紙1枚に全てをコピーしていますが、実際はそれぞれのコピー毎に一枚ずつ用意して下さい。

2.3 資本金の払込証明書を製本する

資本金の払込証明書を作成し、通帳のコピーを取ったら、以下のように製本しておきましょう。

Source: http://www.ka1sha.com/selfkit/



動画を見ます 会社 設立 自分 で

登記申請書- 会社設立 First Step

詳細について 会社 設立 自分 で

専門家に手続代行を依頼すると数万円~10数万円かかる株式会社設立手続きをご自身でやってみませんか? 設立に必要な全書類雛形とマニュアル、更に専門家のサポートがあるので、一般の方でも簡単にご自身で株式会社の設立ができてしまいます。 比較的時間があり、自分で会社設立の書類作成や手続きにトライしてみたい方、出来るだけ費用を節約したい方にはお勧めです。

当マニュアルは、ただの専門家向けの実務書と違って、実践的ですぐに覚えられる実用性とできるだけ多くの方に活用いただけるように汎用性の高さに的を絞ってまとめてあります。

少なくとも今後、会社の発展に伴って子会社を設立する際にまず何から手をつけたら良いか途方にくれることはなくなるはずです。 それが自信になる人もいるかもしれませんし、安心になる人もいると思います。

能力やセンスがないと実行出来ない方法だったり、プロだからこそできるという書式では意味がありません。

● 誰でもできる、専門家じゃなくても大丈夫 →全くの素人でも基礎から理解を深めつつ会社設立登記ができる。 経験がなくてもむだな遠回りを防げる。

● 辞書のように使える →一度だけでなく、必要が応じたらそのたびに調べて活用できる。

● 効果が高い →効果が高いから安心。とっさのときへの備えの方法が分かる。

この部分にフォーカスしてマニュアルは執筆されています。

ひな型は穴埋め式ワードファイルになっていますので、 マニュアルを読みながらご入力頂くだけで、30分もあれば完璧な書類の完成してしまいます。

安く簡単に会社設立手続きを終えたいとお考えの方は是非ご活用下さい。

もちろん安いだけがウリではありません。手続き解説書も付いていますので、ご自身で簡単に会社設立手続きが完了してしまいます。

(安心のメールサポートつきです。もしわからないことがあっても専門家が丁寧に解説いたします)

※電子定款認証代行サポートもオプションにて承ります。

これまで一般の方100名以上がご購入されましたが、皆様ご自身の力のみで手続きを完了されており、手続きが終わらなかったお客様は一人もいらっしゃいません。(もちろん開業直後の士業の先生方からも好評いただいています☆)

もし、あなたがこのマニュアルを手にされるならば・・・

電子定款認証を利用することで、印紙代 40,000円が0円になります

※当会社設立キットは「電子定款認証代行サポート」(21,000円)をつけることができます。

しかも、「株式会社設立キット」(12,600円)と「電子定款認証代行サポート」(21,000円)をまとめてのご購入は【29,800円】にて販売しております。

電子定款認証を利用する事で、本来必要な印紙代の4万円をコストダウンすることができます。

※合同会社設立キットはもっとおトクですので、詳細はこちらをご覧ください。

実は私は以前に会社を作ったことがあるのですが、当時は法定費用等に 司法書士さんへの手数料プラス10万円を支払って設立したように記憶しています。

その時の本音の感想は「これなら自分で作れたのに、、、」 というものでした。

それ以来、商標出願をはじめ官公庁等への提出書類作成など 自分で出来そうなことは指南書を読んで自分でやっていました。

(もちろんプロに頼んで、時間の節約と専門対応にお金を使うこともしますが・・)

こういうことは書類を作ったり、届け出る手間はありますが 、理想的なプロを探すのに時間がかかってしまうんですよね。

今回の会社設立も登記簿謄本や会社の印鑑証明を取りに行っていた 馴染みのある法務局だったので、自分で書類を作って提出すればこの10万円を節約出来て、BESTな方法と思って「いた」のです。

しかし、インターネットのおかげでこの「定価より安く、ラクに会社を設立する方法」を見つけました。

そう、先生のマニュアルを読んで提出書類を作成し、定款の電子認証を行ってもらう方法です。

(この認証はさすがに素人では出来ません)

※書類作成等など全部やっていただけるサービスも選べます。 こっちも会社設立のみならず起業時の相談が色々できるのが魅力ですけれども、会社立ち上げ経験があったので自分でするほうを選びました。

これにより、会社設立費用の総額で10万円以上安くなっただけでなく公証役場に出向き、公証人との事前協議までやっていただけたことに

プロに頼むほうが安くて、手間も省けるとは!と正直かなり驚きました。

お願いする前にいろいろなサイトをチェックしてから、実際に利用させていただきましたが、 こちらの「会社設立費用」と「サービス」を超える会社設立方法は無かった、依頼して本当に良かったと実感しています。

先生をはじめ、サポートいただいた行政書士の先生方ありがとうございました。

この場をお借りして、感謝申し上げます。

Source: http://inqup.com/papers-needes

別れさせ屋