会社設立 大田区のノア法務司法書士事務所

会社設立 大田区のノア法務司法書士事務所

会社 設立 準備

何から決めていけばいいのか?

「何から決めていけばいいのか?」。そんな質問に応え、会社設立準備に欠かせないポイントを、紹介するページです。

会社設立準備に欠かせない5つのポイント

「よし、会社を作ろう!」そう決心して届出をする前に、決めておくべきことがあります。その代表的なポイントを5つ、以下にまとめていますので、ぜひチェックしてください。

会社名

当然ながらまず、会社の名前を決めておく必要があります。業務内容やそこに込めた想い、そして将来的な目標などを的確に表す社名が、理想的ですよね。

しかしあまりにも小難しい社名にしてしまうと、後が大変。下記のポイントをチェックしておいてください。

発音しやすい社名か…発音しにくいと、後の業務に支障をきたします。特に電話で何度も聞き返されるようだと、営業の際などに不利益が生じかねません。まず口に出す、身近な人に聞き取ってもらうなどして、確認を。 覚えやすい社名か…あまり聞きなれない単語を選ぶと、公的な書類に誤記されたり、記憶されずにビジネスチャンスを逃したりする場合もあります。ユニークさを追求し過ぎないよう、配慮を! 似たような社名の会社はないか…他社に類似した社名を採択すると、不正競争防止法に引っかかったり、商権侵害になる可能性が。社名を決めたら、法務局の類似商号調査や、特許庁のホームページなどを利用して、最終確認を行ってください。

設立予定日(事業年度)

会社は1年ごとに区切りを付け、決算を行います。一般的なのは4月にスタート→翌年3月に決算というかたちですが、この時期でなければならない、という決まりはなく、会社ごとに自由に区切りを決められます。上記区切りで事業を行う場合は、2ヶ月後の5月末までに、税金の申告・納付を行います。

どのような区切りで事業を行うのかは、登記に必要な事項。決算の作業は煩雑なので、事業内容の繁忙期を計算のうえ、決定してください。

会社所在地

大会社の場合、本社所在地が移転することはあまりありません。しかしこれから会社を作る場合は、事業内容の拡大に伴い、拠点を移すことも大いに考えられます。

登記した最初のオフィスから移転する場合、所定の変更手続きを行う必要があり、3~6万円の費用がかかってしまいます。ですから持ち家の実家など、引っ越す可能性が薄い住所を「本店所在地」としておけば、いちいち手続きを行う必要がなくなります。賃貸の場合はこの限りではなく、契約時の規約に反する場合もあるので、ご注意を。

事業目的

(株式)会社を設立する際は、 定款を作成し、その中に事業目的を記します。明確で営利性があり、かつ違法でないことが条件。これを満たしていないと、無効とされ、登記できません。

特に「明確 」であることは大事で、一般の人に内容が伝わらない事業目的は、認可されないことがあります。例えば「ITビジネス」とだけ記すと不明確で、「インターネットを通じた映像配信業務」なら明確、といった具合です。

どう記していいか迷ってしまう場合は、法務局でモデル企業の登記事項証明書の写しを請求し(手数料1,000円)、真似るのも一案。また草案を法務局の相談員に見てもらうのも、良いでしょう。

また将来的に行うかもしれない事業は、できるだけ書き出すように。後に変更や追加をする場合には、手数料を支払って、変更手続きを行なわなくてはなりません。

資本金

資本金の額は1円からでもOKですが、対外的な信用が低くなったり、融資を受けにくくなります。業務内容にもよりますが、300~1,000万円程度が一般的。ただし1,000万円以上の場合、設立初年度の消費税免除という恩恵に俗せなくなりますので、注意してください。

株式会社の場合は、資本金の額が決まったら、誰(株主)がいくら出すのかを、算出する必要があります。一般的には1株5万円程度で計算することが多いので、資本金÷出資者(株主)の人数で株の割り当てを考えていきます。

Source: http://www.tetuzuki.net/job/companymethod.html



動画を見ます 会社 設立 準備

会社設立 大田区のノア法務司法書士事務所

詳細について 会社 設立 準備

新会社法って何?

会社法が、2006年5月1日に施行されました。

会社法の改正は、実に100年ぶりとのことで、時代の移り変わりに旧法がついていけなくなったということですね。

特に、株式会社は制約が多く、資本金だけではなく取締役の数も決められ、役員も1〜2年ごとに改選して登記するなど、とにかくいろいろと厳格に扱われていました。

新会社法の改正で、これまでと一番大きく変わっているのは次の点です。

新会社法で有限会社制度が廃止されたことによって、これまでの有限会社がどうなるのか、気になるところですね。

「特例有限会社制度」によって、有限会社の商号をそのまま使うことができるのです。

もちろん、株式会社に移行してもかまいません。

新会社法によって、既存の有限会社の規制が強まることもありません。 ただ、新たに有限会社が設立できなくなっただけなのです。

新会社法のメリットとデメリット

新会社法は、これから起業しようとしている人や新たに会社を起こす人にとって、とてもメリットが大きくなりました。

新会社法の最大のメリットは、「最低資本金制度」の撤廃でしょう。

これまでは、事前によく似た商号がないか、確認する必要があったのですが、それがなくなりました。

ただし、大手企業の会社名と同じものにするのは「不正競争禁止法」に違反するので禁止です。

新会社法のメリットの3つめは

有限責任で、なおかつ自由度の高い会社組織を作ることができます。

新会社法のメリットの4つめは

これを請求するのに金融機関が渋ったり、手続きや費用に時間やお金がかかった

Source: http://www.compstup.net/qanda/decision.html

別れさせ屋 岡山