Part2/3 サイバーエージェント 藤田社長 起業家の挑戦 ~21世紀を代表する会社を創る~

Part2/3 サイバーエージェント 藤田社長 起業家の挑戦 ~21世紀を代表する会社を創る~

会社 を つくる に は

「せっかく新入社員教育を行なっても、いざ職場に配属されると、効果が長続きしない……」 企業の人事教育担当者の方から、こんな言葉をよく耳にします。それは、職場の上司・先輩に基本が徹底できていないという問題が、根強く残っているからです。 

新人の早期戦力化はすべての企業における至上命題。 今回は、受け入れ側の職場風土や管理者の考え方について、松下幸之助の考えの一端をご紹介します。

「松下電器は何をつくるところかと尋ねられたら、松下電器は人をつくるところです。併せて電気器具もつくっております。こうお答えしなさい」

まだ創業間もないころから、松下幸之助は、事あるごとに、従業員にそう話していた。そのあたりの心境を、後年、次のように語っている。

「当時、私の心境は“事業は人にあり”、つまり人がまず養成されなければ、人として成長しない人をもってして事業は成功するものではないという感じがいたしました。したがいまして、電気器具そのものをつくることは、まことにきわめて重大な使命ではございまするが、それをなすにはそれに先んじて人を養成するということでなくてはならない、という感じをしたのであります。  

それで日常の製作の仕事をするかたわら、そういうことを感じまして、そういう話をさせたのであります。それで、そういう空気はやはりその当時の社員に浸透いたしまして、社員の大部分は松下電器は電気器具をつくるけれども、それ以上に大事なものをつくっているんだ、それは人そのものを成長さすんだ、という心意気に生きておったと思うのであります。それが、技術、資力、信用の貧弱な姿にして、どこよりも力強く進展せしめた大きな原動力になっていると思うのであります」

ここで松下幸之助のいう人材の育成とは、単に技術力のある社員、営業力のある社員を育成すればよいということではない。自分が携わっている仕事の意義、社会に貢献するという会社の使命をよく自覚し、自主性と責任感旺盛な人材を育成すること、いわば産業人、社会人としての自覚をもち、経営の分かった人間を育てるということで、それが松下幸之助がめざした真の意味での人材育成であった。

松下幸之助は、企業というものは、たとえ自分が興した企業であっても、またどんな業種であれ、世の人々の求めがあればこそ成り立っている公の機関、公器であると考えていた。

そのような認識に立つなら、企業の活動にあたって人を使うということも、私事ではなく、公事であると、次のように言っている。  

「自分1個の都合、自分1個の利益のために人を使っているの�

Source: http://www.cosmelti.com/



動画を見ます 会社 を つくる に は

Part2/3 サイバーエージェント 藤田社長 起業家の挑戦 ~21世紀を代表する会社を創る~

詳細について 会社 を つくる に は

頼れる化粧品マーケティング会社4選

化粧品のマーケティングやコンサルティングを行う会社を調査し、その活用方法について考えました。

「オリジナル商品を作りたい」「商品のリニューアルをしたい」「最近のトレンドが知りたい」…

そんな時は、やっぱり化粧品業界を知り尽くしたプロに協力してもらうのが1番の近道です。

まずは、頼れるコンサル会社4つをピックアップ。

トレンドやニーズを抑えるための「マーケティング力」、集めた情報を使い売れる商品をつくるための「コンサルティング力」、2つの軸をリサーチしました。

プラスリード

時代の1歩先を行くインフルエンサーマーケティングで “本当に売れる”商品をつくる

◎最近のトレンドにあった、本当に売れる商品を作りたい ◎他社に先駆けたプロモーション施策を打ちたい ◎自社ソースだけでは開発アイデアが打開できない

ソフィアリンクス

化粧品業界の幅広いネットワークが強み

◎ライバル商品との比較などをマッピングしたい ◎自社商品の強みや弱みを客観的に把握したい ◎商品の内容を見直したい

日本エデン

エンドユーザーの声をしっかり反映させた商品開発

◎自社開発ではなくOEMで化粧品をつくりたい ◎ワンストップで製品製造からプロモーションまで任せたい

アクティブ・コンサルティング

◎ドラッグストア向けの化粧品を作りたい ◎医薬部外品など、ドクターズコスメをつくりたい

インフルエンサーで売れる化粧品をつくるプラスリード

今回特集する化粧品コンサル会社は、インフルエンサーによるマーケティングを行うプラスリードです。

現代の化粧品業界は宣伝による「イメージ」ではなく、SNSなどの「口コミ実感」で売れる時代。

そこには、トレンドを引っ張るインフルエンサーの存在が大きく関わっているのです。

※インフルエンサーって何? インフルエンサーとは、商品の購入意欲に影響を与える人のこと。化粧品業界でいえば、専門家や芸能人・モデル、有名なブロガーなどを指します。

インフルエンサーの声が本当に売れる商品をつくる

インフルエンサーマーケティングの1番のポイントは、“手が届きそうな存在”であること。

一般ユーザーからみた読者モデルやブロガーなどの存在は、モデルや芸能人と比べると、“頑張れば手が届きそうな存在”であることが、今SNSなどで絶大な支持を得ている理由です。

あるアンケートによると、時代をつくるインフルエンサーは、一般ユーザーと比較すると、よりトレンドに敏感で、美容にかけるお金・時間も一般ユーザーよりも多いという結果が。

インフルエンサーは、独自の感性を使って商品購入を決定。SNSで発信することで、それを見たユーザーが商品を購入するというのが、最近の購買の流れになっているようです。

このように、インフルエンサーと一般ユーザーの間に差はありますが、密接な関係にあるこの2種類のユーザーの意見を比較分析することが、本当に売れる商品をつくる手がかりとなるのです。

プラスリードでは、単一的なWeb調査に止まらず、実際の商品を目の前にしてインフルエンサーたちの生の声や改善ポイント、使用感などをヒアリングするグループインタビューも実施。

形式ばったコンサルタントのコンサルティングではなく、消費者を先生として商品開発ができることは、開発する側にとって何より貴重な意見が得られるはずです。

インフルエンサーが“バズる”仕掛けをつくる

さらに、プラスリードでは、このインフルエンサーたちが実際にモニター使用し、その様子をブログやインスタグラム、facebookなどのSNSに拡散することで、プロモーションをも担当することができます。

商品がバズる、つまりSNSで話題になれば、販売戦略は成功したも同じようなもの。

無理のない「仕掛け」を作れるのも、プラスリードのインフルエンサーのプロモーションがあればこそ、なのです。

化粧品業界に精通した代表のコンサルティング

プラスリードの代表を務める斎藤健太氏は、週間粧業など、化粧品に関する様々な専門誌にも寄稿する、化粧品業界のプロ。

さらにはデータ分析についての著書もあるなど、マーケティング・コンサルティングに精通しています。

この斎藤氏が立案するインフルエンサーによるマーケティングは、現在化粧品業界で商品開発を成功させるもっとも有効な手段として注目を集めています。

※このサイトは、個人が集めた情報をまとめたものです。 詳しいコンサルティング内容や最新の情報は、各公式サイトでご確認ください。

「化粧品マーケティングガイド」制作部

Source: http://hrd.php.co.jp/shainkyouiku/cat21/post-73.php

別れさせ屋