(FX)売買のタイミングを可視化するソフト

(FX)売買のタイミングを可視化するソフト

会社 設立 タイミング

(FX)売買のタイミングを可視化するソフト

詳細について 会社 設立 タイミング



会社設立以前に考えるべき重要ポイント > 最近の投稿 > 個人事業と会社設立

個人事業と会社設立個人事業から会社設立を考えるタイミングと理由

会社設立する場合は必ず設立しなければいけない理由が存在します。今自分が行う、また行っている事業でいつが良いタイミングか知って置かなければ意味のないものになるばあいがあるからです。

会社を作るタイミングの一つとして、言われていることが、節税する必要がある場合です。個人事業からスタートした場合は会社設立も不要ですぐさま行うことが出来るため、個人事業主から始め、会社設立を意識した場合、事業を行っている業種や現在の経営状況にも左右されることもありますが、基本的には1000万円を超える売上が出ている場合は節税になる事が多いです。

節税できる内容は、役員報酬をつけることが可能です。役員に支払う報酬は会社の経費扱いになり会社にかかる税金を減らすことが可能になります。給与所得税が役員側へ課税されますが、給与として課税される時のほうが数十万円の節税が可能になります。これに更に退職金というものを設定することが出来、5年以上勤続した役員への退職金も所得控除を受けることが可能になりますので、さらに節税となります。

その他にあるのが保険を利用することが可能です。保険には保険料が返ってくるものが存在しています。支払う時はその保険料に対して経費計上が可能になるので、積立金さらに節税という意味合いで利用しやすいというメリットが有ります。

また個人事業主の場合であると課税の最高は2015年から55%と設定されています。コレに比べて会社設立をした場合の課税はおおよそで35%のものになります。利益がたくさん出ている場合は20%もの課税の差が出てくるので、このあたりも会社設立のタイミングの目安になります。

そして、赤字と呼ばれる欠損金が繰り越される点も見逃せません。9年繰越することが可能になり、課税所得と相殺することが出来るので大きな節税出来る可能性があります。

利益が多い場合は、こういった節税が可能になるので、1000万円の利益と呼ばれていますが、経費を引いて所得が300万円を越えた場合そして、500万を超えると最大でおおよそ80万円の節税メリットが可能になります。

家賃や経費を含むと売上で1000万と呼ばれる理由はこのことからあります。 また忘れていけないのが、申告や手続きやとっておくこと記録するものが増えることです。忙しい状況で更に確定申告の量が増えると負担になりますので手間にかかる時間とその分の効果が見込めるかという点を考えておきます。

Source: http://office-tsuda.net/kigyo02.html



当ページでは、起業家予備軍の方々の為の「起業ノウハウ」を提供していきます。

成功する人とそうでない人の特徴、脱サラ起業の注意点など。起業の前に一度は目を通して頂きたいと思います。

【関連ページ】 起業にはお金が必要です。起業とお金の問題については、下記ページで詳しく掲載していますので、合わせてご覧くださいませ。 起業とお金(助成金・資金調達・節税)の問題について考えよう。

なお、当サイトでは賢い会社(株式会社・合同会社・一般社団法人・LLP)の作り方、節税、金融機関からのお金の借り方など、その他の起業情報も多数掲載しております。→起業家向けコンテンツ一覧はこちら

目次(もくじ)

1.成功する経営者・起業家の特徴 |-完全な模倣はできない。自分なりの理念、考え方を持って経営を |-成功する起業家に多い4つの特徴 2.起業、起業と言うけれど・・・。商売と何が違うの? |-もし脱サラしてから病気や事故で仕事がなくなったらどうするのか? 3.起業のタイミング |-経営・マーケティング知識は必須 |-いきなり会社を作らなくても良い 4.起業して失敗する人の特徴 |-動機が安易 |-数字に弱い |-なんでも自分でやろうとする 5.脱サラして起業する際の注意点 |-税金に気をつけろ? |-最低限、簿記の知識は付けておこう |-日々の会計記帳はどうする? |-許認可の有無も確認しておこう まとめ

1.成功する起業家・経営者の特徴

成功する起業家・経営者の特徴には共通点があります。

この共通点を知っておけば、経営戦略を立てる際の参考になります。また、成功者の行動や考え方をモデリングすることによって、起業後に経営者として果たすべき自分の役割も演じやすくなります。

一から斬新なアイデアやビジネスモデルを作れるのであれば、それに越したことはありませんが、なかなかそうはいかないものです。

斬新なアイデアやビジネスモデルがない限りは起業は出来ないと思われている方も多いのですが、実際はそうではありません。

起業形態は実に様々です。一から自分一人で事業を立ち上げて起業するケースもあれば、フランチャイズ・事業承継・社内起業・週末起業などのように複数人ではじめる、あるいは、これまでの人脈やノウハウを活かして起業するケースもあります。

業種別で言えば、飲食・理美容・IT・建設・介護・運送・農業関係など、多岐に渡ります。

が、成功する起業家・経営者にはきちんと共通点があるのですね。当ページではそれを見ていければと思います。

※ここで「起業家」と「経営者」の違いを当ページなりの解釈を交えて解説しておきたいと思います。 簡単に説明しますと、起業家はあくまでも事業を起こした人、そこから事業を機動に乗せるまでの人。起業してからおおよそ1年~2年の間を起業家とするとイメージしやすいと思います。 対して、経営者は機動に乗った後の組織経営を行う人です。組織マネジメント、マーケティング等、組織全体の「舵取り」を行う人をイメージしてください。 なお、当ページでは、便宜上、以下から、起業家・経営者を一括りに「起業家」にして解説していきます。

完全な模倣はできない。自分なりの理念、考え方を持って経営を。

成功者のモデリングは成功への道の第一歩です。とは言え、成功する起業家の特徴を知っておく際に、まず覚えておきたいのは、

「彼らの考え方や行動パターンを完全に模倣することはできない」

当たり前と言えば当たり前の話です。

参考にはできますが、最終的に成功するかどうかはあなた自身の知識・行動・情熱にかかっています。

全ての行動に責任を持たなければならないのが起業家です。ミスも失敗も、何一つ他人のせいにはできません。そもそも、失敗を人のせいにするような起業家はまず成功しないと考えても差し支えありません。

成功者の真似をして失敗しても、全て自分の責任。まずはこのことを頭に叩き込んでおきましょう。

起業後のリスクを排除することはできない。

起業して、多大な借金を背負うこともあるかもしれません。顧客や取引先から損害賠償請求をされたり、従業員とのトラブルなども起こるかもしれません。経営にはこの他にも様々なリスクが伴います。

ただ、リスクだけを考えて行動に移すことができなければ、何も始まりません。リスクヘッジは必要ですが、それをゼロにすることはできないのです。当たり前のことなのですが、このことを本質的に理解している人は意外に少ないように思います。

未来のことは、誰にも分かりません。

上場企業の経営者でも同じです。未来を完全に言い当てることなどできる人はいません。と同時にリスクをゼロにできる人もいません。

成功するためには、失敗やトラブルが付き物です。全てがトントン拍子で何の問題もなく一番上まで上り詰めるとったことなど、まずあり得ません。その可能性も、やはりゼロです。

100%の解決策などありませんが、事前に学ぶことはできます。成功してきた起業家たちは、大きなトラブルや危機に陥ったときにどのような心構えで対処していったのか、また乗り越えていったのか。

リスク管理において、起業家が今から学んでおくべきことは、過去にしかありません。

数々のトラブルや難題を乗り越えてきた成功者の特徴を知っておくことで、仮に上記のような問題が起こったときでも冷静に対処できるようになります。

【行政書士の津田がオススメしたい至高の一冊をご紹介】 有名な7つの習慣やビジョナリー・カンパニーを抑えてビジネス書第一位に選ばれたこともあるというこちらの本。 起業家が女性でかつ、事業体はアップルパイ専門店というポップな設定ですが、読み進めていくうちに、ストーリーに惹きこまれていきます。 登場する経営コンサルタントの言葉一つひとつに重みがあり、それを実践していく上で、主人公が店主から起業家、更には経営者へと昇華していく姿を、自分と重ね合わせることもできます。実は、僕も開業して10年になりますが、今でも折に触れて読み返している名著です。

成功する起業家に多い4つの特徴特徴1 リーダーシップが取れる。

成功する起業家の特徴の一つ目は、強力なリーダシップが取れることです。

いわゆる成功している起業家にはカリスマ性(古いでしょうか。笑)があります。他の人にはない独創性や世界観もあり、それが人を惹きつける魅力ともなっています。

どっちつかずの態度を取ることは決してありませんし、たくさんの人をまとめて、組織する能力にも長けています。

ですから成功するためには組織力が必要であり、従業員を引っ張っていくだけのリーダシップ力も必要です。

会社創業時は特にこのリーダーシップが重要になってきます。

とはいえ、成功の定義は人それぞれですから、自分なりのリーダーシップ論というものを考えて作り上げていけば良いと思います。

特徴2 楽観的である。

成功する人は、失敗にいつまでもしがみつきません。

もし失敗をいつまでも引きずるなら、ネガティブな思考が自分を支配し、もともと備えてあった積極性さえも押さえつけてしまうことになりかねません。

消極的思考に冒されると、的確な経営判断はできなくなります。また、そんな起業家にスタッフも付いてきません。

前述の通り、リスクヘッジは必要ですが、リスクを取らなければリターンもありません。

ときには敢えて悲観的になる(ブレーキをかける)ことも必要ですが、それ一辺倒だと、他社との差別化は図れません。

ネガティブ思考は極力排除し、前だけを見て、失敗してもまたチャレンジし続ける楽観的な精神力が必要です。

特徴3 頭の切り替えも早く、失敗を恐れない。

特徴2と若干かぶりますが、成功している起業家たちは頭の切り替えが早く、失敗から立ち直るまでの時間も短いという特徴があります。

失敗は成功の元という言葉の通り、早めに立ち直って失敗から学び、それを経営に生かすのが成功している起業家の特徴です。

同じ過ちを繰り返すことは決してはしてはなりません。失敗したら、反省をし、なぜ失敗したのか考え、対策を行ったら後は忘れる。次に向けて気持ちをさっと切り替えていきましょう。時代の変化のスピードは加速度的に早くなってます。くよくよして取り残されないようにしましょう。

特徴4 お金の流れに敏感である。

成功する起業家は会社経営に必要な「キャッシュフロー」を熟知しています。

時折、上場企業などで社外取締役に銀行出身の人材が登用されることがありますが、それは経営戦略においてキャッシュフローが重要だからです。

キャッシュフローは「現金の流れ」です。企業におっての「現金」は、人にとっての「血液」とよく例えられます。

血液がどろどろになったら体は上手く動かなくなりません。血液が無くなってしまえば人は生きてはいけません。

黒字倒産という言葉を聞いた方もいると思います。

いくら売上が上がっても、手元に現金がなければ会社は倒産します。

有能な起業家は、お金の流れにルーズではありません。スタートアップで脆弱な財務体質のときにこそ、お金の流れには細心の注意を払う必要があります。

また、成功する起業家は、自社のお金の流れだけでなく、日本・世界経済の動きにも敏感です。

千載一遇のチャンスをものにするために、常にアンテナを張っている。鷹のような鋭さをもってチャンスを狙い続けているのも、成功している人の特徴です。

2.起業、起業と言うけれど・・・。商売をやることと何が違うの?

実際に起業するとなると、相当な勇気が必要ですよね。

独身ではなく、家族も居てサラリーマンの方ですと特にそうだと思います。

事業の成否は誰にも予想できません。

「起業」というその言葉だけが独り歩きしているのではないかと。

起業、起業とたいそうに言いますけど、要は、起業とは、単に「商売」を始めるに過ぎません。

自分で仕事を始める。自分自身で、自分の力だけでお金を稼ぐ。

※ここで「起業家」と「経営者」の違いを当ページなりの解釈を交えて解説しておきたいと思います。

簡単に説明しますと、起業家はあくまでも事業を起こした人、そこから事業を機動に乗せるまでの人。起業してからおおよそ1年~2年の間を起業家とするとイメージしやすいと思います。

対して、経営者は機動に乗った後の組織経営を行う人です。組織マネジメント、マーケティング等、組織全体の「舵取り」を行う人をイメージしてください。

なお、当ページでは、便宜上、以下から、起業家・経営者を一括りに「起業家」にして解説していきます。

【行政書士の津田がオススメしたい至高の一冊をご紹介】

有名な7つの習慣やビジョナリー・カンパニーを抑えてビジネス書第一位に選ばれたこともあるというこちらの本。

起業家が女性でかつ、事業体はアップルパイ専門店というポップな設定ですが、読み進めていくうちに、ストーリーに惹きこまれていきます。

登場する経営コンサルタントの言葉一つひとつに重みがあり、それを実践していく上で、主人公が店主から起業家、更には経営者へと昇華していく姿を、自分と重ね合わせることもできます。実は、僕も開業して10年になりますが、今でも折に触れて読み返している名著です。

Source: http://hn6j-lq.com/timing/

http://ac-sodan.info