「起業家」という生き方

「起業家」という生き方

会社 を 起業 する

起業を決意しても、そう簡単に会社を辞めてはいけません。

起業のリスクの大半は、お金のリスクです。 勢い勇んで起業しても、無収入のまま計画通りにコトが運ばなければどうなるか、簡単に想像出来ると思います。

起業の失敗とは、要するに「アイデアが正しい形になり、お金になる」前に資金が尽きるから続けられなくなるだけのことです。

会社員のまま、スキマ時間、帰宅後の時間、週末の時間などを駆使して起業の準備をすれば、低リスクで起業できます。

サラリーマンのまま会社を設立し、事業計画を作って創業融資までこぎ着ける。それで始めて辞表をだす、という強者もいます。

いずれにしても、まずは小さくても「これはいけそうだ!」という手応えをつかんでから大きく動くのが得策です。

さくっとリストだけ確認したい場合はこちら

事務手続き編クレジットカードを作っておく

小ネタですが、独立したばかりの時は審査に通らないことがあります。作る予定があるなら、在職中に作ってしまいましょう。

引っ越しや住宅ローンの申し込み

検討しているならこれも辞める前にやっておきましょう。

退職後の社会保険、税金関連の手続きスキル磨き、ノウハウ蓄積編業務フローを覚える

起業すると事務作業を全て自分でこなす必要が生じます。事前に勉強するのはもちろんですが、分からないことや、作業のコツなどを総務、経理の人に聞いておきます。 見積書から始まって発注、受注、納品、検収、請求、領収などの書類事務の流れや、書類に書くべきこと、書類フォーマットなどを覚えておきます。

自分に足りないスキルを吸収する

社内の企画で自分が今までやったことがないような仕事にチャレンジする機会があれば、どんどん参加します。

特に商品開発やマーケティングに関することは積極的にトライして下さい。自分が実際に運営する立場になったつもりで臨めば、吸収できる情報量が各段に上がります。

但し大企業に勤めている場合は、起業後の小さな会社で通用しないやり方もあるので注意が必要です。

また、身近にエース級の営業マンがいるなら、どうやって新規開拓をしているのか、普段どうやって顧客フォローをしているのか等、是非話を聞かせてもらうべきです。

ちょっとしたひねり技ですが、今の会社で自分が起業したいジャンルの経験が出来ないなら、転職して一定期間自分を磨く方法もあります。

お手伝い

友人知人にベンチャー企業の経営者がいれば、夜間や週末だけでも何か手伝えることが無いか聞いてみると良いと思います。特に小企業ならではの物事の考え方、仕事の仕方などに触れておくのは良い勉強になります。

家庭編

家族がいるなら意志共有は本当に重要です。 会社を辞めて起業するのは何故か?その後の計画はどうなっていて、生活はどう変わるのか?

一緒に暮らす人からの逆風は計り知れない程のデメリットです。

人脈編

基本的に退職の際にはじめて挨拶回りをするようでは遅すぎます。起業を決意したら起業後の展開を見据えて人脈づくりをはじめ、時期をみて起業の予定を伝えるのが良いと思います。

その後、退職して起業したら改めて挨拶回りに行けばスムーズです。

まずは、同僚に取引先の紹介を依頼してみましょう。

取引先

また、取引先に話を聞いてもらえそうな人がいるなら、関係を深めておきます。いきなり売り込みに行くのではなく、まずは自分が、相手にとってメリットのある存在だということが伝わるよう、相手の視点で信頼関係を築くのが先決です。時期をみて、将来独立する予定を伝えて協力をお願いします。

セミナー・交流会

セミナー、交流会で先輩起業家や、将来の見込客になってくれる人、自分の事業に意見を言ってくれそうな人との関係を作っていく。

オリジナル名刺

独立準備中の名刺を作るのもお忘れ無く。会社を辞めたあとも続く関係を築くには最初が肝心です。セミナーや交流会では、現職の名刺をだすのではなく、オリジナルの名刺で自分のアイデアと自分自身が伝わるようにします。

未来のパートナー

自分の情熱に賛同してくれる人で、自分に足りないスキルを持っているパートナーがいるか探す。必ずしも一緒に起業する相手という意味ではなく、主要な材料の仕入れ先や、マーケティングの仕事をお願いできる人も時間をかけて探していきます。

頼れる専門家

起業後に頼れるような専門家を探す。税理士や司法書士など、長いつきあいになりますので勉強熱心で、しかもフィーリングの会う先生を探しておきましょう。

また、自分が起業する業界に関して詳しい専門家も探しておきます。困った時に頼れる人を二人つかまえておくと安心です。

リサーチ編

会社にいるからこそ出来ることを活かしてできる限りの調査をします。

業界展望

個人的に付き合いのある取引先に、自分が起業するジャンルの人がいれば、具体的なニーズや業界展望などを聞きます。

同業視察

同業者の視察も欠かせません。 コツは客と業者の二つの視点で観察することです。

同業者の商品、サービスを実際に買って顧客目線で細かく観察する。足りないところや自分なら良く出来ると思う点があれば、後々、自社の強みに出来る可能性があります。

また、商品のキャッチコピーから、問い合わせ対応、資料請求、商品パッケージなど全ての接点を業者視点で見ることで、運営のノウハウを研究する。

こういった調査に時間をかけることが出来るのも、固定給のなせる技です。

資金計画編自己投資用の資金を確保する

起業家にとって、もっとも投資効率の良い投資先は自分自身です。

セミナー参加や書籍購入などに毎月一定の予算を割いておきましょう。その分はその他の生活費を削って捻出します。こんなことができるのも、毎月決まった給料が出ている間の特権です。

自己資金の蓄積を始める。

・退職後の生活費の確保 ・事業用資金の蓄積

自己資金だけでやるのか、借入が必要かも事業計画を作りながら決めていきます。

参考記事→「[創業融資]起業を志したらまず銀行に行くべし」

シミュレーション編

最小範囲のテストマーケティングから始めます。売れないものに全てをかけて失敗しないよう、売れるもの、必要とされるものを理解するための作業がテストマーケティングです。

一番大変なこと

家族や知人をモニターとして商品を大幅割引で買ってもらい、どうしたらもっと便利になるか、どうしたら友達にも教えてあげたくなるか、意見を聞く。

商品やサービスはプロトタイプで良いのでまずは行動を起こして、改善していく。事業が軌道に乗るまでに一番大変なのはこの部分なので、アイデアがあるならいち早く取り組むべきです。

Source: http://tabata-semi.jp/entrepreneur-todo-list/



動画を見ます 会社 を 起業 する

「起業家」という生き方

詳細について 会社 を 起業 する

こんにちは。ヨッピーです。 普段は「プロ無職」としてインターネットでひどい記事ばっかり書いていたりします。

サラリーマンを辞めてから、かれこれ4年くらい、こういう意味不明な写真を撮っては記事を書いて、キャッキャ言いながら楽しく暮らしていたのですが、いまだに自分の親に「何の仕事をしているか」を説明出来ません。 正直に言うと勘当される可能性が高いからです。

会社を作って社長になることにしました!

だって、社長になれば両親にも「社長やってる」って言えますし、なんとなくカッコ良さげでモテるんじゃないかと思ったからです。

まずは会社設立のプロに相談だ!

そんなわけで会社設立について相談するため、ウェイビー行政書士法人さんにお邪魔しました。 会社設立についていろいろ聞いてみたいと思います!

はい。無職のヒモでも問題ありません。というか起業する時はみんな無職でしょうし、ヒモとはいえ犯罪を犯しているわけではありませんから。手続きさえちゃんと行えば会社は誰にでも作ることができます。

へーー。無職のヒモで、毎日パチンコに行くために同棲してる女の人の財布からお金抜いてるバンドマンでも社長になれます?

それは普通に窃盗だし逮捕される可能性が高いですけど、会社を作るのは大丈夫です。バンドマンでもとりあえず社長にはなれますね。

えー。無職のヒモのバンドマンが社長とか嫌だなー。

ぼく、会社作ったところでマトモに運用するつもりなんて全然無いし、どうせ作るなら冗談みたいな会社を作ろうと思ってるんですけどそれでも大丈夫?

ふざけて会社を作った人に出会ったことがないので断言出来ませんが、たぶん問題無いんじゃないかと……、ふざけて会社を作ってはいけない、っていう法律があるわけではないので。

株式会社すごい◯◯◯(下ネタのため自粛)っていう名前でも?

公序良俗に違反する、ということで弾かれる可能性はありますが、アルファベット表記するなり、直接的な表現を避ければ大丈夫かもしれませんね。

大丈夫なのかよ。お役所仕事しろよ。

ただし、その名前だと高確率で銀行口座が作れないでしょうね。役所より銀行の審査の方が厳しいので……。とはいえ、会社作るだけなら法人の口座無くても作れるんで社長になるだけなら大丈夫です。

ちなみにふざけて会社作って、なんの意味があるんですか?

Source: https://www.freee.co.jp/special/launch/

別れさせ屋