会社設立 | 3つの印鑑が必要??会社設立に必要な3つの印鑑と作成方法 | 相談無料!東京都新宿区 アレシア税理士法人

会社設立 | 3つの印鑑が必要??会社設立に必要な3つの印鑑と作成方法 | 相談無料!東京都新宿区 アレシア税理士法人

会社 設立 ハンコ

◎会社設立印・会社の印鑑・法人の実印・法人の銀行印・会社印・角印は、静岡県浜松市中区(浜松市東区、浜松市浜北区、浜松市南区、浜松市西区、浜松市北区、磐田市、湖西市、袋井市、掛川市、近郊)のハンコ屋【印章館】へ。 ◎スマートフォンの方は、ヨコにすると見やすくなります。

◎会社設立印とは、株式会社・合同会社・医療法人・社団法人・財団法人・NPO法人などの法人設立の際に必要な印鑑の事です。

※印影見本は、すべて当社オリジナルの手書き文字です。(複製厳禁)

代表者印 法人組織の実印として法務局に登録する印鑑。 二重丸にして、外側に法人名、内側に役職名(有限会社・株式会社なら「代表取締役印」や「取締役印」など。合名会社・合資会社・合同会社なら「代表社員」など。)を入れるのが一般的。 法人設立にあたって最低必要な印である。 直径18ミリが一般的。 最も重要で、文字が細かいため、出来るだけ丈夫な印材が良い。 また、欠けてしまって登録しなおす場合、行政書士さんなどに依頼すると数万円の費用がかかるため、最初から欠けにくい材料と欠けにくい彫り方で作るのが望ましい。 吉相体 (きっそうたい) 篆書体 (てんしょたい)

角  印(社印) 法人の認印のようなもの。 法人名を入れる。 請求書・見積書・領収書などに使う。 取引先によっては登録する場合があるので、その場合は特に丈夫な材質で作ったほうが良い。 サイズは21ミリ角から30ミリ角が一般的で、住所印とのバランスを考え24ミリ角が最も多い。 ちなみに個人事業者には、21ミリ角が最も多く使われる。(ただし、文字数にもよる。) 吉相体 (きっそうたい) 篆書体 (てんしょたい)

小切手判(ゴム印) 小切手・手形・契約書などに使い、住所と法人名と代表者名が入った重要なゴム印。 銀行印と共に金融機関へ登録するので、偽造防止と風格をもたせる目的で『手書き文字』で作る事をお勧めする。 最近は手書きで出来る店が減っており、パソコンフォントで済ませてしまう方も多いが、パソコンフォントは同じフォントを持っていれば簡単に偽造・複製できてしまうため、小切手・手形・契約書等が偽造されないよう『手書き文字』で作ったほうがよい。 当社手書き

銀行印・役職印 金融機関へ登録し、小切手や手形に使うのが銀行印。 さらに認印としてもう一本別に作る会社も増えている。 (特に役所や大企業の仕事を請けている会社に多い。) 法務局へ登録する法人の実印を普段は使わないように区別するのが望ましい。 外側に法人名、内側は「社長之印」「代表之印」「銀行之印」または「社長の姓名」などを入れる事が多い。 実印よりも回数多く使う場合は、丈夫な材質が良い。 直径18ミリが一般的。 「取締役会長印」や「支店長印」などと入れた役職別の印もある。 社長之印 静岡支店長印

■会社設立印三点セット(法人実印・法人角印・小切手判) (同時に購入すれば、セット用のケースを無料でお付けします。)

法人の『代表者印』は、その会社や事業所の基となる重要な印鑑です。 飾りで押すのではありません。 法務局へ登録した印鑑は、会社や事業所の『実印』になります。 悪用されれば、その会社の財産・資産をすべて失う可能性もあるほど重要な物です。 代表者印を偽造されれば、『売買契約書』や『譲渡契約書』や『借用書』など様々な重要書類を作成出来てしまいます。 つまり、『会社の中で一番重要な物』と言えます。 「お金がもったいないから、適当に安いのを探して作ればいいや。」などと、目先のお金の事だけ考えてはいませんか? 文房具でも注文するかのように、従業員に「一番安い店を探して来い!」なんて恐ろしい事を言っていませんよね? 会社の実印は、経営者の実印と同じと言ってもいいくらい重要なモノです。 (ほとんどの場合、会社が融資を受ける際、経営者が連帯保証人になりますからね。) 最近ほとんどの店では、『パソコンフォント+機械彫り』で作っています。 『パソコンフォント+機械彫り』で作った印鑑は、同じパソコンフォントがあれば他店でも同じ印鑑が出来てしまいます。 もし、偽造され悪用されれば、会社の財産すべてを失う可能性・覚えのない借金を請求される可能性もあります。 取引先が契約書の内容を自由に書き直して契約書を偽造する可能性も無いとは言えません。 パートや従業員に作らせている店では、その人たちにあなたの大事な会社の実印や銀行印が複製出来てしまうのです。 『文具系カタログ通販』などもこれに当たります。 心配ではないですか?? また、機械彫りで作った物、木製の物など欠けやすく摩滅しやすい印材で作ると、 何年か後にまた印鑑変更の手続きをしなければならなくなります。 これから永年事業を続けていこうとしているのに、大事な印章がすぐに欠けたり摩滅したりしてしまっては、 それこそ縁起でもありませんよね。 それに、欠けたからと法務局へ届けた印鑑を変更するとなると、かなり手続きが大変になってきます。 通常は司法書士さんなどの代理人にお願いすると思いますが、そうすると数万円の費用が発生します。 コスト削減といっても、重要なところまで削減してしまうような経営内容では、逆効果になってしまいます。 ここ数年、『他のハンコ屋』や『文具系カタログ通販A社』で買った会社印が欠けてしまったと、 当店に相談に来る方が増えています。 そのすべてが機械彫りでした。 木製で機械彫りですと、大体10年前後で欠けてしまうようです。 「他店で作った会社の銀行印3本がどれも綺麗に付かない。」と言って、当店で同時に3本作り替えた会社もあります。 「他店で作った黒水牛の実印がたった数年で何カ所も欠けてしまった。」と言って、当店で作り替えた会社もあります。 (詳しくはこちらを参照。) 法務局へ届ける印鑑だけでなく、金融機関へ届ける銀行印も当然重要です。 個人の通帳からお金を下ろすときはチェックが厳しくなりましたが、 会社の通帳から下ろすときには10万円以上でも身分証明書のチェックはありません。 (金融機関によって違うかも知れませんが。) つまり、銀行印を偽造されれば、簡単に預金を下ろされてしまいます。 また、手作りでも機械彫りでも、技能士ではない素人が作ると、バランスが悪く格好の悪いものが出来ます。 手形や小切手や契約書などで取引先などに印鑑を見られたとき、 「この会社はこんなひどい印鑑を使っているのか。」と思われてもいいですか? しかも、彫ってあればいいという考えなので、画数が多い文字の隙間が浅く狭くなり、 すぐに朱肉のカスが詰まって埋まってしまいます。 『文具系カタログ通販A社』などもこれに当たります。 この先、何十年・何百年と発展・存続させる為にも、 国家検定一級印章彫刻技能士の資格があり、欠けにくい彫り方をしていて、丁寧な仕事をする、 そんな信頼できるお店で作りましょう。 もちろん、材料も欠けにくい丈夫な材料で作りましょう。 当社では、手書きで文字を書き手彫りで仕上げておりますので同じ印鑑は二度と出来ませんが、 最近はほとんどの店が『パソコンフォント+機械彫り』で作っているのです。 (一級技能士がいる店でも。) 『パソコンフォント・機械彫り』で作った印鑑は『欠けやすく偽造されやすい』ので、 必ず『手書き文字・手彫り』で作製した、世界にひとつだけの印鑑を作りましょう。 法人の代表者印は文字がとても小さく文字数が多いため、彫るのがすごく大変で時間もかかります。 そのため、個人の実印は『手作り』でも法人の代表者印は『パソコンフォント+機械彫り』という店もあります。 ただし、『パソコンフォント+機械彫り』の店でも、 『手彫り』とか『完全手彫り』とか『手仕上げ』などと平気で謳っていますので、見分けは難しいと思いますが・・・。 (ちょっと一言のページ参照。) 『角印』は『パソコンフォント+機械彫り』でもいいと思っている方がいらっしゃいますが、 法律上は角印でも認印でも実印と同じように効力が発生します。 「実印だから有効、実印じゃないから無効・・・」などということはありません。 ちなみに、個人の認印の場合も同じで、既製品の認印だから無効ということにはなりません。 ですから、重要な書類に捺す場合には、実印でなくてもいい場合にも『手作りの印鑑』を捺す事をお勧めするのです。 『ゴム印』は何でもいいだろうと思っている方も多いようですが、 金融機関に届けて小切手や手形に使用するゴム印・契約書などに捺すゴム印は、『手書き文字で作ったゴム印』をお勧めします。 契約書に捺すゴム印は、代表者の署名の代わりなのです。 知らない方が多いようですが、ゴム印も金融機関で何らかの書類に捺印すれば自動的に登録されています。 小切手や手形や口座に、銀行印とゴム印の両方で鍵をかけているようなものなのです。(いわば『二重ロック』です。) 『パソコンフォント』で作ったゴム印は、同じ『パソコンフォント』を持っていれば簡単に偽造が出来てしまいます。 つまり、ゴム印を偽造されれば、せっかくの『二重ロック』が『一重ロック』になってしまうのです。 契約書に捺す場合も、ゴム印と印鑑の両方で偽造されないようにしているので、 ゴム印がパソコンフォントだと、せっかくの二重ロックが一重ロックになってしまいます。 つまり、それだけ契約書・手形・小切手などを偽造される確率が高くなってしまうのです。

TOPIC! 平成18年5月1日より、「新・会社法」が施行されました! 有限会社の新規設立は出来なくなりました。 その代わり、株式会社設立の条件がかなり緩和されました。 資本金は、1円から出来るようになり、取締役が1人でも設立できるようになりました。 会社名にアルファベットも使用できます。 今までの有限会社はそのまま使用できますが、 これから設立する場合は有限会社は名乗れません。 有限会社を経営していて、株式会社への変更を検討していた方、 個人として事業をしていて法人化をためらっていた方、 この機会に株式会社を設立してみては? ※詳しくは、税理士さん司法書士さんなどへご相談下さい。

 書体見本はこちら(価格表はこちらにリンクされております。)

■〒433-8122 静岡県浜松市中区上島1丁目18-29

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。 Copyright 1999-2017 Ichikawa Co., Ltd.(in-sho-kan) All rights reserved.

Source: http://insho.jp/kaisha.htm



動画を見ます 会社 設立 ハンコ

会社設立 手続きの流れ 設立に必要な費用は?税理士法人Yuse

詳細について 会社 設立 ハンコ

会社や法人を設立するにあたり、絶対に必要なもの。 それは「印鑑(ハンコ)」です。 当事務所では、会社・法人設立のご依頼をいただく際に、印鑑の作成も含めてお手伝いさせていただきます。 一般的なハンコ屋さんに依頼するよりもお得な料金になっておりますし、本柘と黒水牛の2つの印材から選んでいただくことが出来ます。

会社設立だけでなく、印鑑の作成も当事務所にお任せください。

印鑑の料金表

当事務所に印鑑作成をお任せいただく場合には、ご依頼の際に印鑑代をお預かりさせていただきます。

印鑑の注文方法

会社設立をご依頼いただく際に、印鑑の種類、材質、字体などを選択していただくだけで、カンタンに注文できます。

印鑑の種類についての解説

当事務所で作成ができる会社・法人の印鑑は、下記の3種類です。

代表印って?

代表印は、代表者が使用する印鑑であり、会社や法人の印鑑証明書が発行されます。 個人でいうところの実印に近いものですが、個人実印と違い、会社や法人は必ず代表印を届け出なければいけません。

銀行印って?

銀行印は、銀行からお金を引き出す際に必要になる印鑑です。 口座開設の際に銀行に届け出ます。 代表印を銀行印として使用することも可能ですが、銀行印を別に作成しておけば、銀行に行くたびに代表印を持ち出す必要がなくなります。

角印って?

角印は、いわば「会社(法人)の認印」です。 厳重な管理を必要とする代表印や銀行印の他に、普段気軽に使える印鑑として、角印を作成するのが一般的です。

関連ページ 会社・法人設立の料金プラン 54,000円オフのお得プラン スタンダードプラン 助成金プラン スピードプラン 創業融資プラン 資金調達プラン(助成金+創業融資) プラチナプラン 税務顧問コース 記帳代行コース 記帳・記帳おまかせコース 労務顧問コース 給与計算コース 労務・給与おまかせコース まるごと外注コース 法律顧問コース HFフルコース 会社・法人の印鑑作成 法人化シミュレーション 会社・法人設立後の諸手続サービス

Source: http://sendai-seturitu.com/ryoukin-inkan.php

www.ac-sodan.info