会社 作る 方法

会社 作る 方法

会社 作る 方法

会社設立セミナー

詳細について 会社 作る 方法



「何のために働いているのかわからない」。そんなこじらせOLが主人公の小説『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』を、本連載「才能がない人の夢のかなえ方」としてお送りしていきます。前回、自分の書いた記事がネット炎上したヤグチでしたが…。

前回までのお話→ 前書き、第一回、第二回、第三回、第四回、第五回、第六回、第七回、第八回、第九回、第十回、第十一回、第十二回:自分の仕事がネット炎上&クレーム どう対応すべき?

【第十三回】自分の場所を守るには

 自分の夢を実現させるために会社を利用する。  それは、実績を出し続けてこそ可能になる。そうでなければ、許されるはずがない。  けれども、実績を出していても、社内で誤解されてしまったら、思うような活動ができなくなる。  理解してもらえるような努力もしなければならないのだ。

 「炎上したら、社内の人は不安になりますよ。当たり前です」  「こんなとき、チーフならどうします?」  「記事の実績を客観的な数字として準備しておいて、ほかにも読者の感想などのコメントを集めたりしますね。どんなコンテンツにも賛否両論あるわけだから、それをちゃんとわかってもらう。あとは、社内で〝理解者〟を見つけておく」  「理解者ですか……」  「夢を実現するためには、社内で応援してくれる人も必要です。大きく考えて活動すれば、理解してくれる人も増えていくはず。僕はこれに助けられました」  「大きく考える?」  「つまり、ヤグチさんの活動でメリットを受ける人を、社内で増やすんですよ。人を巻き込んでいくんです」  「そんなことできますかね……」

社内の理解者を増やす方法

 ふと疑問に思った。  上司は社会人になってもう10年以上経つ。これまでにどうやって社内でこんなに特殊な「自分が活動する場」を作ってきたのだろう。  やっぱり、反対されたりすることもあったんじゃないだろうか。

 「チーフは炎上したりした場合、そうやって大きく考えることで乗り越えてきたんですか?」  「結果としてそうなりますね。今のような状況になるまで、紆余曲折はかなりありました」  「これまでのこと、参考までに教えてもらえませんか?」  「僕はね、新入社員のころ、定時で帰るキャラだったんですよ……」

 上司は大学を出てこの会社に入った。とても大きな会社で、同期入社はなんと500人以上もいた。私は契約社員なので、自分のいる部門についてしか知らないけれども、かなり幅広くITのビジネスをやっているらしい。

 大学では「学業以外の活動を充実させた」ため、2回も留年したという。就職活動のときには、すでに自分の作品(変なキャラ)をインターネットで発表していた。  「シュウカツは自己アピールの場だと思って、『毎日数万人が見る日本最大級の個人サイトを運営しています!』って面接で言ったら、受けた会社全部落ちたんです。それでようやく、シュウカツは学生の自己アピールの場ではなくて、企業が自分たちに必要な人を採る場なんだって気づきました」  「確かにそうですね。会社は必要な人を採用しようとしますよね」  「それからは、面接でなるべく普通の大学生のように振る舞うようにしました。自分の“長所”は隠して、『インターネットばかりしていたら留年してしまいましたが、ネットにはかなり詳しくなりました』なんて言ったら、内定をもらえたんです」

興味のない部署に配属されて…

 上司が本当に普通の大学生のように振る舞えたかどうかはわからない。でも、就活にのぞむ考え方としては間違っていないのかもしれない。  内定をもらえたこの会社に入ってみると、待っていたのは、「自治体向け事業」の部署への配属だった。  「仕事にはあまり興味が持てなかったですね。地方自治体に、情報システムを提供したり、そのアフターフォローをしたりする仕事。それは「自分のキャラを広めたい」という夢とは何の関係もないと思っていました。だから、とにかく定時で家に帰って、イラストを描いたり、ネットで発表したりという活動に夜の時間を使いたかった」  入社1年目のとき、上司はすでに、講演を頼まれたり、テレビに出たり、本を書いたりしていた。  とはいえ、会社を辞めようとは思わなかったそうだ。

 「僕は、秀でた才能があるわけではない人間です。夢のために会社を辞めてフリーになっても、きっと食べていくだけで精一杯になる。だったら、会社で働いて給料をもらいつつ、退社後の時間を使って作品づくりに打ち込んだほうがいい」

 定時退社だなんて、今の上司からは想像もつかない。  いったい何が転機になったのだろうか……?

こじらせOL、本気出す! 『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』 何のために働いているのか、わからない。いっそ会社をやめようかな…。そんな悩みを抱えたやる気のない契約社員に「社内で一番の変人」の上司が火を付けた!ごく普通のOLの、心をゆさぶる物語。 ■ Kindle版はこちら ■ 紙の本はこちら Profile吉永龍樹(よしなが・たつき) 1979年生まれ。 静岡県出身。 学生時代に作成した個人サイト「僕の見た秩序。」が4年で1億アクセスを突破。現在は東京都を拠点に、サラリーマンクリエイター、インターネット専門家としてWEB、ソーシャルメディアを中心に活動中。著書に『ゆかいな誤変換。』『ハイブリッドワーカー』『言い訳ばかりの私を変えた夢みたいな夢の話』など。Webクリエーションアウォード WEB人賞受賞。LINEスタンプ「エヅプトくん」は女子高生を始め、世代を越えて大ヒット中。最新作は「肉くん」スタンプ。 Twitter: https://twitter.com/dfnt Facebook: https://www.facebook.com/dfnt.net

Source: http://www.ales.jp/



無職でも作れるクレジットカードへようこそ! 当サイトでは、無職でクレジットカードを作る方法を考察してます。 家事手伝いでも作れるカード、審査に通りやすいカード、審査に受かるコツ、申し込む際に注意すること等 初めてクレジットカードを作りたい方に役立つ情報をご提案致します。

実際に楽天カードとイオンカードを作りました

私は現在、楽天カードとイオンカードを使っています。

申し込んだ当時は学生でしたので無職でしたが、どちらも審査に受かりました。

現在、無職の方も大丈夫です。スコアリング方法は、学生、派遣登録、自営業、家族カードの何れかの記入で、ほぼ審査に通る可能性が高いです。

私の場合、楽天カードは、楽天市場やAmazonなどのインターネット通販の決済用に使用。

AEONカードは、インターネットのプロバイダ、電話などの公共料金の支払い用にして使い分けています。

無職でクレジットカードを申し込む方へのアドバイス

クレジットカードの申請に受かる確率を上げる方法をいくつか教えて頂きました。

記載に嘘はいけませんが、申し込み時に、とある工夫を加えることで審査に受かりやすくなります。

1. クレジットカード会社が重視する審査基準とは

クレジットカードを作る時には必ず審査があります。

しかしながら誰もが安定した高収入を得ているわけではありません。

特に無職の場合は、その審査のことがとても気になると思います。

カード会社は何を基準に審査をしているのでしょう?

カード会社が重視しているのは、安定した収入があるか、確実な住居、返済していく能力です。 そしてより詳細に申し込み者の検討をしていく時に参考にするのが、申し込み書です。

こちらに書かれた内容に点数をつけ、その合計点で合否を審査します。

点数をつける項目は、年齢、職業、勤務先の規模、職種、年収、居住年数、住居形態、家族構成などです。

クレジットカード審査のチェック項目

この中でも重視しているのが、勤務先の規模と年齢です。

こちらは個人信用情報センターという機関があり、銀行、クレジットカード会社、消費者金融などからの利用者の履歴が収集されています。

これまで過去に消費者金融から借入があったり、クレジットカードでの延滞などがあれば当然審査の際にチェックされます。

ですが、これまでクレジットカードを持ったことがなく、消費者金融なども利用していなければ、当然マイナス要因はありません。

こうしてカード会社も独自の基準でその申し込み者が安全な個人なのかの見極めをします。

もちろん、年収や年齢は高く、勤務先は一流企業の方がポイントが高いのは当然です。

居住年数、勤続年数も長ければ長いほど信用は増します。

加えて賃貸物件よりも持家の方が有利で、一人暮らしよりも家族と同居している方がポイントが高くなります。

ですから現在無職でも、先月までは職業についていた、またこれまでクレジットカードなどでの延滞がない、実家で家族と同居というのは有利に働きます。

クレジットカード会社が居住形態を気にするのは、住んでいるところが分からなくなり、雲隠れされると一番困るからです。

その点両親と同居している場合はきちんと住居が定まっていますし、何かの際には親が肩代わりをしてくれます。 その点では両親と同居の方はポイントが高いです。

またその家が持家だった場合、居住年数が長い場合はより有利に働きます。

2. 無職でクレジットカードを作る方法ってあるの?

わたしが無職の時にクレジットカードを作った方法を説明します。

クレジットカードは収入があることを前提にしていますが、無職で収入がなくてもクレジットカードを手に入れる方法があります。

まず、いちばん確実で簡単なのが家族カードです。 自分の親にクレジットカードを作ってもらい、その家族として申請すれば間違いなく100%承認されます。 これがいちばん確実な方法です。

わたしは父がセゾンのクレジットカードを持っていたので、お願いして家族カードを発行してもらいました。 支払いは父の口座になりますが、すぐにカードを発行してもらえ便利でした。

他には、どこでもいいから派遣会社に登録することです。 派遣会社に登録するのは簡単です。

テストはありますが、落ちるとか断られるといったことはありません。

登録会に行って、派遣社員として登録してもらえば、派遣社員と名乗ることができるのです。 仕事を受けずに断っていても、クレジットカードの申込書には派遣社員と書くことができます。

この二つの方法を実際に試したのですが、二つ目の派遣会社に登録する方法は自分名義のクレジットカードを作れるので便利でした。

派遣会社に登録へ行かなければならないのは難儀ですが、それさえ終わってしまえばあとはクレジットカードを申し込むだけです。

この方法は裏ワザであって、大きな声では言えない作り方ですが、悪いことをしているわけではないので心配することはありません。 引き落とし口座はもちろん自分の口座を指定することができます。

わたしは仕事のストレスから自律神経失調症になり、会社を辞めた時にとある事情からクレジットカードが欲しくて困っていたのですが、この二つの方法で無事クレジットカードを発行してもらうことができました。

今の時代、クレジットカードがないとたとえ無職でも不便なので、ぜひこの上記の方法を利用してクレジットカードを発行してもらいまし�

Source: http://news.goo.ne.jp/article/wol/bizskills/wol-00007qqw.html

別れさせ屋