えっ?こんだけ?会社設立出来ました

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

会社 の 作り方

会社設立はお近くの専門家に御依頼下さい

会社設立を代行するだけならば、遠く離れた地域の方からも依頼を受けることはできます。実際、弊社でも事務所がある阪神地区から遠く離れた北海道や静岡県、神奈川県、東京都、福岡県、福井県などで会社を設立した実績があります。(御依頼いただいた皆様本当にありがとうございました)

しかしながら、事務所から遠く離れた方には会社設立後の「会社経営に関する疑問」までをサポートすることはできません。

もちろん、インターネットによる電子メールやスカイプ、電話・FAXなどの通信手段を用いてできる限りのサポートはさせていただいておりますが、「気軽に来所して実際にあって相談する」ということは遠く離れた地域の方では時間上・距離上不可能です。

インターネットの普及で「距離の壁が破壊された」といわれていますが、

「大阪や神戸で頑張る起業家を本当にサポートできるのは、大阪や神戸に気軽に足を運べる専門家のみ」

関西で頑張ろうと決意されたあなたを応援する為にこのWebサイトを立ち上げています。皆様のご利用お待ちしております。

格安事務所よりちょっと価格が高いのには訳がある!

甲子園法務総合事務所は「言われたままに手続を代行するだけ」「会社設立だけで、はいサヨナラ」の事務所ではありません!株式会社の設立代行比較表

大きく異なってくるのは事務所が定めている「手続の代行料(依頼料)」の部分。

甲子園法務総合事務所の会社設立依頼料は9万7200円(消費税込み)です。インターネットで検索していると格安代行事務所の価格提示が目立ちますので高く感じられる方もいらっしゃると思います。しかしながら弊社はこの価格にて提供させていただくサービスの内容には絶対の自信を持っています。

上の表をご覧ください。他の格安会社設立代行事務所と弊社との間のサービス内容の比較をしたものです。

◆会社設立にかかる交通費

甲子園法務総合事務所では、兵庫・大阪・京都・奈良・滋賀・和歌山といった近畿地方にて会社設立される場合は、交通費は一切いただきません。 格安代行事務所に御依頼される場合は、   「何円分の交通費までが依頼料に含まれているのか?」   「私が依頼した場合、どれぐらいの交通費がかかるのか?」 を必ずご確認ください。普通に考えれば3〜4万円の依頼料にて手続代行している事務所が1万円といった交通費を負担できるはずがないのです。

◆会社実印代

会社を設立する際に「会社の実印(代表印)」の作成が必要になります。個人の実印でも代用できますが、あまり格好良くなく見た目が悪いのでおすすめしません。通常会社の印鑑セットは購入すると安くても1万円ほどします。格安代行事務所の依頼料の数十%を占めることになりますので、当然サービスには付いていないはずです。会社の実印なんていままで作成したこと無いはずですので、ご自分で購入すると結構手間です。 甲子園法務総合事務所は「会社実印」「銀行印」「角印」の法人印鑑3本セット込みの価格です。お客様のご購入の手間も省かせていただきます。

◆会社設立時のメール相談料

格安代行事務所に多いのが、 「初回メール相談のみ無料。2回目からは3000円の有料メール相談

Source: http://edi-labo.com/jigyouannai.html



動画を見ます 会社 の 作り方

えっ?こんだけ?会社設立出来ました

詳細について 会社 の 作り方

会社案内・事業案内の書き方

ホームページや会社案内に欠かせない「事業案内」。ここではシンプルでわかりやすく書き出すための手順とコツを紹介します。複数の事業部を持つ法人でも個人事業主でも、組み立ての基本は変わりません。作業の棚卸しをしながら1つずつ確認していきます。

※無料PDFにまとめたものもあります。

ホームページや会社案内に記載する「事業案内」は、やっている事業すべてを書き出すものではありません。あなたの会社がお客様に貢献できること、貢献したいと考えていることを絞って紹介する「抜き書き」です。まず、自社で自信がある事業ベスト5を選び出します。

やっているけれどコストがかかりすぎる事業、あまり気乗りがしない事業をわざわざ紹介する必要はありません。個々のお問い合わせで必要だと感じたときお客様にご案内すればOKです。

「事業案内」に必ず記載するべき3要素

書き出した5つから、個別の事業について考えていきます。それぞれの事業で以下の3要素を見つけて書き出してみましょう。箇条書きで構いません。

 ■ あなたの会社はその事業について何をしているのか?  ■ それはお客様にどんなメリットがあるのか?  ■ 同業他社と何が違うのか?

少なくとも上記3要素さえ入っていれば「事業案内」として成り立ちます。

先ほど見つけた3要素を文章にしていきます。もっともシンプルな「事業案内」は1要素1行にまとめて並べることです。その際に使える文章フォーマットがあります。

空欄部分に3要素をはめ込みます。事業によって言い回しや表現は違いますので前後の言葉は変更して構いません。骨子である【これをやっている→こんなメリットがある→それは他社とここが違うからだ】という流れを崩さなければ大丈夫です。

シンプルな「事業案内」だけでも役目を果たすことができますが、文章量が必要な場合は肉付けをしていきます。もっとも簡単なのは、先ほどの3文にまつわる情報を補強する方法です。

上記は架空の例ですが、実際の事業者であればもっと具体的な記述を取り出せると思います。

材料になる情報が揃ったら並べて、整えていきます。先ほどと同じように【これをやっている→こんなメリットがある→それは他社とここが違うからだ】という流れが崩れないようにします。文章を整えるときのコツは以下です。

「…ます。…ます。」や「…です。…です。」と同じ語尾が続くより「…です。…ました。…ます。」など違う語尾が混じるほうが読みやすくなります。同じ語尾が並んでしまったら、替えられる文末を探して語尾を替えます。

 ■否定的な言葉を肯定的な言葉に置き換える

ネガティブな印象を持つ言葉は、なるべくポジティブな逆の言い方に変換します。

これらの表現は「絶対にダメ」ではありませんが、何度も出てくると気になります。言い換えられる場合はなるべくポジティブな表現を選ぶようにしましょう。

「事業案内」を書くための手順はまとめると以下になります。

自社の事業ベスト5を選ぶ それぞれの事業の3要素を書き出す 必要があれば内容を足す 取り出した情報を並べて文章にする 作った文章を見直す

最初に行う「ベスト5を選ぶ」作業がポイントになります。ここが見つかれば「事業案内」作成の半分が済んだといっていいかもしれません。最初にも書きましたが、やっていることすべてを文字にしようとすると詰まってしまいます。お客様に「本当に頼んでほしいこと」に絞っていくのがうまくまとめるコツです。

書き方・聞き方の無料PDF集 事業案内、自己PRやプロフィール、推敲の方法、聞き方のコツなど

Source: http://setsuritsu.ii-support.jp/

別れさせ屋 東京