【開業0円パック】ラクラク開業物語 - 株式会社ネクストステップ -

【開業0円パック】ラクラク開業物語 - 株式会社ネクストステップ -

1 円 株式 会社 設立 方法

株式1株の金額と発行株数は?

1株の額と発行株数は将来を見据えて決めるのが大切!

 ご存知のとおり、株式会社は株式の発行というかたちをもって出資を受け入れていきます。 したがって株式には「金額」がつけられます。その金額を決めるのも、会社を設立する人自身の仕事です。

かつては、「1億の金額は5万円以上」という原則もありましたが、現在はそうした規制もなくなり、1株は1円でも100円でも10万円でも、いくらでもかまわなくなりました。

もちろん、資金の金額が仮に7万円だとすれば、当然1株10万円の株を発行することはできません。1株あたり最高7万円が限度となります。それこそ1円会社であれば、1株1円の株式を1円だけ発行するということになる。

では、現実的に1株何円の株式を何株発行するのが妥当なのでしょうか。これは、資本金の額や出資者の人数から考えることができます。

出資者が複数いる場合は、出資額の最低額に最低ラインにし、1株をその最低額以下で発行する必要がある。 例えば資本金800万円を5者が出資する場合は、10万円を出資するEさんに最低ラインをあわせ、1株を10万円以下で発行しないといけません。

また将来さらに小口の出資者を募集したいと考えるなら、1株を2万円や1万円にしてもいいでしょう。1株の金額をあまり高額に設定しない方が良いでしょう。

たとえば1株を100万円とすると100万円単位でなければ増資ができなくなってしまいます。また、増資によって第三者に株を引き受けてもらう際も、1株が高すぎると、持ち株比率に悪影響が出かねません。

~結論~ 1株1万~10万円程度が妥当な範囲になる!

千代田会社設立センター 事務局 東京都千代田区内神田1丁目18-11東京ロイヤルプラザ 公認会計士 税理士 ロイヤルタックス税理士法人 福野会計事務所 株式会社福野会計指導センター

お問い合わせ 会社設立 独立 起業 登記 開業 法人設立 相談 費用 安い 手数料 料金 合同会社 法人化 法人成り 有限責任中間法人 LLP NPO LLP NPO 資金繰り 助成金 合資会社 有限会社 株式会社 融資 国民生活金融公庫 政策金融公庫 中小企業 株主 出資者 取締役 監査役 議決権

営業地域 東京都 千代田区 中央区 文京区 台東区 北区 豊島区 荒川区 江東区 江戸川区 港区 墨田区 新宿区 板橋区 渋谷区 目黒区 大田区 杉並区 世田谷区 中野区 練馬区 品川区

最寄り駅 山手線 神田 東京 有楽町 新橋 秋葉原 御徒町 上野 鶯谷 日暮里 西日暮里 田端 銀座線 三越前 日本橋 京橋 銀座 新橋 虎ノ門 末広町 上野広小路 上野 稲荷町 田原町 浅草 千代田線 新御茶ノ水 大手町 二重橋 日比谷 霞ヶ関 湯島 根津 千駄木  都営新宿線 小川町 神保町 九段下 市ヶ谷 岩本町 馬喰横山 浜町 森下 菊川 住吉 丸の内線 淡路町 東京 御茶の水 本郷三丁目 後楽園 茗荷谷 新大塚 池袋 日比谷線 仲御徒町 小伝馬町 人形町 茅場町 八丁堀 築地 東銀座 都営浅草線 蔵前 浅草橋 新日本橋 宝町  

<< 前のページへ     次のページへ >>

お役立ち情報

NPO法人設立のための基礎 企業組合の設立 企業組合って何! LLPの特徴と課税方式の違い 共同ビジネス向きのLLCとLLP 会社設立の登記・諸費用 会社の設立手続き 定款は自分で作成 会社設立を自分で手続 定款に記載する目的は? 会社設立に際し、会社名を決める時? 決算月は税理士・会計事務所と相談 会社設立時の会社名の付け方 譲渡制限会社なら簡易な機関設計も 会社を運営する機関 発行できる株式の種類 種類株式について 株式1株の金額と発行株数は? 現物出資の対象となるものは? 出資比率と議決権の関係 出資を受ける場合は 持株比率に注意 資本金は 必要資金と将来の見通しで 合同会社は、共同事業に最適 2種類に分かれる株式会社 起業組合・NPO法人の税金面の違い 個人事業・会社・LLPの税金面の違い 個人事業を開業の手続と届出 起業は個人事業から・法人成り LLPとは 有限責任事業組合のこと 企業組合・NPO法人の違い  << 前のページ  TOP  次のページ >>

Source: http://www.chiyoda-seturitu.com/info/article/19



動画を見ます 1 円 株式 会社 設立 方法

【開業0円パック】ラクラク開業物語 - 株式会社ネクストステップ -

詳細について 1 円 株式 会社 設立 方法

一人で設立ということですので発起設立(発起人が全出資をする場合)の説明をします。設立に際し最小限決定しなければならない事項は、以下の項目です。

(1) 商号(会社の名前) 「株式会社」という文字を冒頭または末尾あるいは中間に必ず使用し、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字等の文字を使用して決めます。

(2) 本店(会社の住所) 会社の本店所在地を決めます。同一の本店所在地に、同じ商号の会社は設立できませんのでご注意ください。

(3) 目的(会社の営業種目) 会社の営業種目(例えば飲食店や、衣料品の販売など)を決めます。現在の事業だけでなく、将来営業しようとする事業を入れることも可能です。官公庁の許認可を要する事業の場合は、関係官庁に確認してから決定した方がよいでしょう。

(4) 資本金 資本金は1円以上であれば設立可能ですが、会社の信用度並びに運転資金、税金面等を考えて決定するとよいでしょう。

(5) 設立時の発行株式総数と1株の発行価額 設立時の発行株式総数と1株の発行価額を決めます。発行価額の2分の1以上の額×発行株式総数=資本金となります。例えば1株1万円で100株発行したとき、その全てを資本金にすると資本金は100万円となり、これが一般的ですが、1株5千円だけ資本金に組み入れることも可能で、この場合は、資本金は50万円、資本準備金50万円となります。

(6) 役員及びその任期 株式会社には、取締役を一名以上置かねばなりません。発起人の中から選任する場合が多いですが、発起人以外の者から選ぶこともできます。その他に監査役や会計参与を任意で置くこともできます。 任期は、原則、取締役は2年内に監査役は4年内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までですが、非公開会社(株式の譲渡制限を定めている会社)の場合は10年内まで伸長することができます。

(7) 事業年度(営業年度) 事業年度は、1年以内であれば自由に決めることができます。一般には、年1期の事業年度とすることが多いです。

Source: http://www.osaka-shiho.or.jp/faq/houjin/houjin-q01.html

panchira-gazo.biz