会社設立のベストタイミングとは?

会社設立のベストタイミングとは?

1 円 会社 の 作り方

会社設立のベストタイミングとは?

詳細について 1 円 会社 の 作り方



会社設立に注意すべきこと

無料に騙されるな! ネットで書類を作成!そして自分で郵送! だから、安い!早い!

本では教えてくれません!

 下記は既に知っている方が多いと思います。この他にも知らないと損する事がまだまだ沢山あります。当サイトで情報を提供しますので、是非このページをお読みください。10分程度の時間をいただければ理解できると思います。

①14万円安く法人を設立する

 安く法人を設立したいならば、合同会社という法人の形態も検討しましょう。株式会社を設立するには法定費用20万円が必要ですが、合同会社であれば6万円で設立できます。 14万円も安く法人を設立できます。設立後の税金面などは同じなので、法人化するメリットは同じです。設立費用が安い合同会社の設立を検討してみましょう。  よく合同会社のデメリットとして認知度が低いと言われていますが、いまでは年間2万社を超える数の合同会社が設立されています。新規設立の3社に1社は合同会社です。あのアップルの日本法人やスーパーの西友も合同会社です。amazonの日本法人も合同会社に変更されました。これらの会社は不利益を受けているのでしょうか?私はこの点に関してはデメリットと思っていません。むしろデメリットは他にあります。(後述しますので最後までお付き合いください。)

②電子定款で4万円安く設立

 紙の定款を作ると4万円分の収入印紙を貼る必要があります。電子定款を作ると収入印紙を貼る必要がありません。電子定款の作り方は後述しますので、ここでは電子定款で4万円節約と覚えておきましょう!

まだまだあります。会社設立で知らないと損すること!

知ってますか? ★毎年6万円の経費を削減できる方法を知っていますか? ★1日仏滅、2日大安、どちらを設立日にしたほうが5000円得か? ★○○の決め方次第で毎年数10万円以上損することもあります。 ★登録免許税が半額になる場合があります。

「書類作成システム(株式会社版)」を利用すべき理由

当サイトのご利用を検討して頂きありがとうございます。 行政書士の佐野と申します。 よろしくお願いします。  当サイトは会社設立専門の行政書士が運営するサイトです。  設立までの総費用や設立後の事を考えると当サイトになります! 他のサイトと比べてください。 合同会社の方はこちら

はじめに

 当サイトは小さな会社に特化しています。小さな会社に最適な会社組織となります。 最初から大きな会社を設立しようとする方は少ないと思いますが、当サイトでは、 資本金5億円以上の会社や上場会社のように株主と経営者が分離する会社組織は作れません。  もちろん、会社の成長に合わせて変更することは可能です。

 多くの長所を述べる前に欠点を伝えておきます。 当サイトはお客様が入力した内容で、会社設立書類を作成ができるサイトとなっています。お客様に書類を印刷して郵送していただております。書類作成を自動化しているため格安になっております。  格安だけど大丈夫?  会社設立専門の人間が入力内容の確認しますので、その点は一般の専門家に依頼するのと同しです。いや恐らく日本一の経験数を誇るスタッフが確認するので、格安でも安心してお申し込みください。  なぜ格安?  当サイトはプログラマで行政書士の佐野が作成していますので、システム作成費・運営費はかかっておりません。またインターネットを利用して集客していますので、広告費もかけていません。  格安ですが税理士の顧問契約や経理ソフトの抱きかかえ販売を目的としていません。 希望者にのみ格安の印鑑、格安の電子公告掲載サイト、格安の税理士の紹介を�

Source: http://j-net21.smrj.go.jp/well/qa/entry/Q0021.html



新会社法は、小泉改革の中のいわゆる商法改正の一環で、2006年5月に施行されました。50年ぶりとなる大規模な商法改正にはさまざまな項目がありますが、ここでは中小企業の方にとくに関係のありそうな内容についていくつかご説明いたします。

【1円の資本金でも株式会社の設立が可能に】

1円資本金会社とは、旧制度では有限会社は最低300万円、株式会社は最低1,000万円必要とされていた資本金(最低資本金制度)を、1円でもOKとするものです。実は1円資本金会社自体は、従前においても特例制度で設立が可能で、設立後5年以内に資本金を最低資本金まで引き上げるという条件で、会社を設立することが認められておりました(確認会社)。

ただし、厳密には、出資の最低額が1円という意味です。設立時の資本金の額は原則、設立に際し株主となる者が払い込みまたは給付をなした財産の額とされます(会社法445条1項)。しかし、発起人全員の同意があれば、この額から設立費用を控除することができます(会社計算規則43条1項3号)。ただし、資本金が0円であっても、株式の引受人は出資をしており、株式は発行されることになります。

【類似商号規制の廃止】

従前は、会社を設立する際にその会社の商号(会社名)を登記する際に、同一市町村内で同じ営業内容としている会社と同一または類似の商号があれば、新しく設立される会社はその商号を使用することができないと決められていました。そのため、これをチェックするために時間がかかる、という弊害がありましたが、今回の改正でこの類似商号禁止の制度が撤廃され、会社設立の手続きのスピードが向上しました。

ただし、同一住所にて登記する他人の商号と同じ商号は使用することができません。また、不正

Source: http://kaisyasetsuritsu.jp/

panchira-gazo.biz